カニンヘンダックスのクリーム系ベビー生まれました!

2016.09.18(Sun)

こんにちは♪
娘が生クリームが苦手なので、ここ数年いちごショートケーキに縁がない原田です。
顔ごと突っ込んで食べてみたい・・・ 


さて、クリームに縁がないのはカニンヘンの世界でも同じでして、
いない時は日本中探しても本当にいなかったりします。

確かに商業繁殖の体の弱い子はたまに見かけますが、そういう子はご紹介すべきではありませんからね。
なので、今回のブリーダーさんに出会わなかったら、私はクリーム系カニンヘンは諦めていました。



という事で、先ほど連絡がありまして、本日4匹生まれたとの事です。

内訳は・・・

・ピュアクリーム 男の子1匹
・シェーデットクリーム 男の子1匹、女の子2匹


※写真は以前同じお里で生まれたピュアクリームちゃんです。ご参考まで 





私もさんざん探しましたのでよく分かりますが、
日本中探しても、本当に良いクリーム系のカニンヘンダックスはほぼ居ません。

居ない時に限ってお客様からのお問い合わせがあったりするのですが、居ない時は本当に居ませんので、このタイミングをぜひ逃さないでくださいね~ 


現在、優先案内登録受付中です。

詳しくはこちらをご覧ください。



※9/19追記

ブリーダーさんから写真が送られてきたので貼り付けておきます。
シェーデットは薄めのようですね。
さて、どんな夢を見ているのでしょう? 


1474257542461.jpg


心配な独居のお年寄りに子犬という選択?

2016.08.26(Fri)

もう何年も前の話で恐縮なのですが、ある東京在住のご夫婦からこんなご相談があったんですね。


「香川にうちの母親がひとりで住んでいるのですが、一緒に暮らせる子犬はいませんか?」


一時期独居老人の孤独死なんかが問題になりましたが、
地方にお父様やお母様をひとり残されて都会に暮らされている方にとっては、やはり心配事のひとつだと思います。
要介護ならヘルパーさん等がいらっしゃるのですが、普通に生活しているお年寄りは、逆に何かあった際に不安があったりするんですよね。
何かあってもすぐに行ける距離でもないですし・・・

だからと言って、別段用もないのに心配してたびたび電話するのもうっとおしがられて、それもままならない。

そういう悩みのひとつの回答として「母親に子犬を飼ってもらおう」という考えがひらめいたそうです。

お母様も昔から犬は好きだったそうですし、何より子犬を育てる事で生きがいも出てくるだろうと。
ボケ防止になるからと笑われていましたが、案外それも本心かもしれません。

子犬を飼えば、それを口実にたびたび電話する事も出来そうですしね。


001_2016082610532707d.jpg



東京のご夫婦も万が一の際は責任もってわんこは引き取るとおっしゃっていただきましたし、だったら、比較的おとなしく、難しいしつけもいらない、飼い主さんの考えている事を理解できるシーズーが良いのでは?という事でお迎えいただきました。

しつけのご相談の際によく例に出させてもらっている、「七十何歳のおばあちゃまが飼っているわんこは、特別何をやっているわけでもないのに本当に良い子なんですよ」という、そのおばあちゃまは実はこの方の事なのです。(笑)


赤の他人だからこそ連絡しやすい事もあったのでしょう。
子犬をお迎えいただいてからは、子犬ちゃんの育て方などのご相談にかこつけて、たびたびお電話もいただきまして、そのたびに楽しくお話もさせていただきました。


で、ある時の事。

その東京のご夫婦からお電話があったんですね。

「うちの母がここ何日も留守番電話になってて連絡が取れないんです。本当に申し訳ないのですが、ついでの時にでものぞいてあげてもらえませんか?」

そういえばしばらくお電話もなかったですし、私も気になってすぐにご自宅まで行ってみました。

そしたら・・・

何事もなかったようにおばあちゃまが出て来てあっけにとられていました(笑)

結局、掃除か何かのはずみで電話の呼び出し音が鳴らなくなっていて気づかなかったそう。
すぐに東京に電話すると、ご夫婦も本当に安心されていました。



まぁ、だからといって独居のお年寄りに子犬を飼ってもらいましょう!なんて商売むき出しのアホな事は言いませんが、もし、いろんな条件が合って、なおかつ地方の良心的なショップさんがいらっしゃるのなら、こういうのもアリなのかなぁなんてふと思い出した次第です。


血筋の良いシーズーはいろんな意味でプライドが高いので、あれこれ飼い主さんがしつけなくてもちゃんと自分で判断できます。
子犬の頃は多少甘噛みしたり、いたずらしたりはしますが、その時期を過ぎると本当におとなしく、借りてきた猫のようになります。

お年寄りなので、体力的にあれこれできません。ただ、毎日笑顔で話しかけているそうです。
それだけで、わんこはちゃんと飼い主さんの事を理解しようとしてくれるんですよね。
こちらのシーズーちゃんは、おばあちゃまと散歩に行ったら、ちゃんとおばあちゃまの歩く速度に合わせますし、時々振り返っては様子を見て、おばあちゃまが疲れたころ合いを見て、みずから座って休憩をするそうです。

特別な訓練やしつけはしてません。ただ、毎日笑顔で話しかけているだけです。

皆様には、お年寄りに限らずそういう子をこれからも紹介していきたいですね(笑)



最後に、おばあちゃまのシーズーとは違うお里の子なのですが、私が信頼しているブリーダーさんからのシーズーをご紹介しますね!





ちゃんと育てればそれに応えてくれるシーズーのベビーはこちら♪



ぜひ見ていただきたいトイプーちゃん♪

2016.08.25(Thu)

こんにちは♪
リオ五輪が終わったとたんお問い合わせが増えまして、
散髪に行くタイミングを逃してしまった原田です。

いっそうの事、このままロン毛キャラを目指してもいいかな?なんてかなりイタい思考になっております。 



トイプーの女の子 





レッドやアプリのトイプーはあちらこちらで売られてますからね。
いろいろ悩まれると思うのですが、子犬の頃ってみんなかわいいのでつい冷静さを無くしてしまうんですよね。


見る子、見る子みんなぬいぐるみのようにかわいい 


でも、実は子犬の頃って、素人目で見るとその違いが分かりにくいのですが、
大人になるとその差がほんと出てくるんですよね。特にトイプーは・・・

どんな子も一緒に暮らせばかわいいのは間違いないのですが、
そうは言っても時々「あらら・・・」と思ってしまうトイプーちゃんを見かけてしまいます。

単に容姿だけならまだ良いのですが、性格面とか健康面とかに問題があると、ほんと皆さん苦労されます。
いや、実際ドッグフードのお問い合わせの際にそういうご相談は多いんですよ。


この子が絶対か?と言われるとそこは生き物なので・・・
という回答にはなるのですが、少なくとも人知の及ぶ限りリスクは抑えた交配はしてもらっていますし、
過去の子犬たちや親犬なんかも知ってますから、ある程度将来的な予想の出来る子たちです。

よろしければぜひ一度見てあげて下さいね! 


 トイプーの子犬情報はこちら♪




将来が予想できない子犬を買ってしまった不幸・・・・

2016.08.06(Sat)

いよいよリオ五輪開幕ですね!
こういう大きなイベントがある時はみなさん意識がそっちに行ってしまいますので、どうしても子犬のお問い合わせなどは減ってきます。
ただ、うちの場合は夏になると、お客様より夏特有のご相談(暑さ対策、夏バテ、行楽関連など)が増えてくるので、案外忙しかったりするんですよね。

口の悪いブリーダーさんからは「お金にならない事ばかりやってる」と笑われているのですが、飼い主さん(お客様)といろんなお話しをするのって結構楽しかったりします。
仕事なのでお金にかえなきゃいけない事もありますが、お金にはかえられない事の方が多いですものね。それに気付いたとき、仕事って楽しくなるのかな?なんて思っています。


特に私の仕事は、お客様だけでなくもうひとつ笑顔の多い仕事ですから 




mgt80202-1.jpg


もうひとつの笑顔はぜひこちらをご覧ください。
いないときは本当にいないので、こういうのも不思議なご縁だと思います。 

チワワの子犬はこちら

マルチーズの子犬はこちら




 さて、本題です。

量販店さんみたいに常に子犬がいるわけじゃないので、本当に申し訳ないのですがお客様には次の出産をお待ちいただく事も多いのですが、
中には待ち切れずにペットショップさん等で子犬を買ってしまう方もいらっしゃいます。

まぁ、それはそれで仕方のない事なので、申し訳なさそうにお断りのご連絡をいただく方には、

「どうせ量販店さんじゃロクなアドバイスもないでしょうし、病気も心配でしょうから、困ったことがあればご相談くださいね」

なんて、軽く後悔させつつ(笑)お言葉をかけさせていただきます。(冗談です)


で、中には本当にご相談されるケースもあって、先日はダックスの飼い主さんからお電話がありました。

「もうすぐ1歳半になるのですが、毛が伸びなくてちんちくりんなんです」

これから毛は伸びてくるのでしょうか?とのご相談でした。


その後写真を送ってもらいましたが、ロングコートのはずが、ほんと中途半端なスムースという感じの長さしかないのです。
ただ、血筋も分からない、親犬も分からないでは判断できないので、とりあえず血統書を見ていただいたんですね。
そしたら、ロング(母)とスムース(父)の掛け合わせでした・・・


大切に飼われているご愛犬の事なので、事の良し悪しは申しません。

子犬を選ぶ前ならいろいろアドバイスもしますが、すでに暮らしている子に対してネガティブな事は言えませんし、言う事で万が一愛情が冷めてしまうと、それこそご愛犬が可哀想です。

だから、その子の良い所ばかりをお伝えして、毛の短さについもできる限りフォローしました。

でも、最後に飼い主さんが言われたことは・・・


「あれからも気になってホームページ見てたんですが、すぐにダックス生まれたんですね。もう少し我慢すればよかった・・・」


私に気を遣ってそう言われたのかもしれません。
でも、本心からそう思われたのならこんな不幸はありませんよね。

この人は、他のダックスを見かけるたびに愛犬と見比べて、そのたびにため息をつくのか・・・

そう考えると、なんだかブルーになってきました。


毛が中途半端だから悪いとは言いません。
でも、今回の不幸は飼い主さんの想像とはあまりにも違った子に育ってしまった事。

せめて親犬を見ることができれば良かったですし、量販店さんに知識があれば毛の長さの予測だってできたかもしれません。

この飼い主さんに限ってそういう事はないと信じたいですが、
世の中には、こんな些細な理由で愛情が冷めて、愛犬を捨ててしまう人も大勢いるのです。


子犬の時はどんな子もかわいいものです。
でも、子犬の頃はわずかで、当たり前ですが大人になってからの方が付き合いは長くなります。

目先のかわいらしさで衝動買いさせるのが量販店さんや繁殖屋さんのやり方です。

後で後悔する事は、飼い主さんだけでなく子犬にとっても不幸ですので、ぜひ将来的にどんな子になるのかという予想が出来る子を選んでいただきたいものです。


うちでご紹介する子犬は原則として親犬はご覧いただけますので、ぜひお申し出くださいね! 



生体販売は専業にしてはいけない?

2016.07.29(Fri)

みなさん、こんにちは♪
娘のアイスをちょいちょい食べてしまって、最近は私の嫌いな抹茶アイスがフリーザーに並んでいて、地団駄を踏んでる原田です。

ガリガリ君カムバーック! 



さて、おかげさまで2006年の10月に15年勤めた金融会社を辞めて、ペット業界で独立してから10年が経とうとしています。
オープン当初から「子犬を通じて、お客様に笑顔のある暮らしを提供する」という理念のもと、
なぜか、オヤジギャグ連発で斜め上に行ってしまっている感もあるのですが、これまで、お客様やブリーダーさん、そしてステークスホルダーの皆様の温かいご支援の元、何とかやってまいりました。

心より御礼申し上げます。


とは言え、10年の節目と申しましても特に何をするわけでもなく、私の心の中で10周年記念を盛大に祝っているだけなのですが、あまり心の中だけでやってしまうと、これ以上ナイーブな乙女心になってもいけません。

という事で、あらためてではございますが、少し振り返りなどを何度かに分けて書いてみたいと思います。







 当店の営業方針を決定づけたライチちゃん

いまだに忸怩たる思いに駆られる一匹の子犬ちゃんがいます。
その名はライチちゃん。


F412-2-1_201607290955419f2.jpg


2007年4月の事です。
当時は、オープン間もない事もあって、まだまだ前職の営業数字を求めてしまう感覚がかなり残っていました。
子犬に関する知識については、寝る間も惜しんで勉強していましたので、付け焼刃の知識もそれなりにありました。
当時加盟していた子犬販売のフランチャイズの中でも実績が出ていた方なので、慢心もあったと思います。

そんな中、お客様にご紹介したのが生後3か月になる極小チワワのライチちゃんだったのです。


結論を言いますと、お客様にお引渡しした約2週間後、ライチちゃんは亡くなってしまいました。


ざっと経緯をお話ししますと、
本当に小さな、極小と呼ばれるチワワの中でも本当に小さいベビーちゃんでした。

こういう子は、ベビーの頃は要介護なんです。
ですので、ブリーダーさんは本当に手間暇かけて、愛情を注いでこれまで育てて来られました。

お客様は、以前チワワを飼ったことのある、経験豊富な方でした。
ここに、私自身の経験不足と慢心による油断が出てしまったんですね。

お客様からのお問い合わせがあった時、ブリーダーさんはこうおっしゃったんですね。


「健康状態は問題なくすくすくと育っています。でも、環境が変われば低血糖を起こすかもしれない」


もちろん、分からないなりにちゃんと調べて、お客様にも状況を伝えて、ブリーダーさんにも詳しい状況を聞きました。

今だから言えることですが、せめてもう1か月成長の様子を見てからお迎えいただくべきだったと思います。
その当時でも、ちょっと不安な気持ちはありました。でも、ブリーダーさんも最近は低血糖は起こしてないと言われますし、お客様も経験豊富な方でした。

それともうひとつ。
これが最終的に私の判断を曇らせてしまった原因なのですが、その当時は一日でも早く事業を軌道に乗せたいという思いが強かったんですね。
結局、子犬の健康より利益を優先してしまったのです。


ライチちゃんは、お迎えいただいた数日後に低血糖で倒れました。
慌てたお客様はすぐに病院に連れて行き、そのまま入院、点滴漬けになりました。

お客様も反省されていたようですが、獣医さんにある事ない事吹き込まれたのでしょう。
ブリーダーさんから聞いた低血糖の対処法もお伝えしたのですが、私たちより獣医さんを信用されてしまい、その後ずっと点滴漬けの毎日が繰り返されました。

そしてある日、病院で息を引き取ったと・・・

今なら獣医さんの処置にも問題があったのも分かりますし、子犬の命がかかっている事ですから、断固として対処する事もできます。
でも、その当時はそんな事も分かりませんでしたし、何より、利益に目がくらんで、お引渡しの判断を間違えた私が悪かったのです。

その後、いちおうは生体保証も適用してお客様とは何ら遺恨なく対処はさせていただきましたが、その過程で、私の中に「もう、絶対こんな思いはしたくないし、させたくない」という感情が芽生えたんですね。



 子犬販売だけの収益には頼らない!

反省すべき事はいろいろありましたが、やはり一番の反省点は利益を優先してしまった事。

これは金融会社に勤めていた経験で嫌というほど分かってたつもりだったのですが、人間はお金に困ったり、利益を追いすぎると魔が差すという事があるという事です。
その後、いろんなブリーダーさんとお付き合いさせていただいてさらにその思いは確信に変わったのですが、ブリーダーという仕事を本業としている、あるいはその収入に大部分を依存している人ほど無理な販売をしています。

後に詐欺まがいの被害に遭った事もありましたが、その時もお金に困ったブリーダーさんの仕業でした。

いろんな批判が飛び交っているブリーダーさんも、その多くは本業でされている方のようです。

ペットの仲介をされている同業者の中でも、やはり評判が良くないのは利益重視の人たちです。

みなさん、表面上は「いい人」になってますけど・・・


で、ライチちゃんの件で私が決意した事なのですが、利益を取るか子犬の幸せを取るかという選択になった時には子犬の幸せを優先しようと。
それは、お客様の強いご希望があったとしてもです。

ですから、当店の優先順位は本当に申し訳ないのですが、1番は子犬、2番目にお客様なのです。



とは言え、利益もあげないと私や家族が生きていく事はできません。

そんな葛藤の中で、ようやく出た結論が「子犬仲介販売とは別の収入を確保する」という事なのです。

他に収入があれば心に余裕ができます。
ブリーダーさんとの取引を始める際にも、利益を考えると多少目をつむって取引をしないといけない状況にもなりますが、そんな心配がなければ厳格にできます。

子犬を提供する際も、ちょっと不安な子はかわいそうだけど親元に残してもらう事もできます。

お客様に強引にセールスする事もその必要がありませんので、本当に子犬ちゃんを歓迎していただける方のみご紹介できます。
子犬ちゃんも幸せですし、お客様にも喜ばれます。


そんなこんなで、現在はどちらかというと収入的には子犬の仲介販売は副業の位置づけになっています。心は本業なのですが・・・

ペット関連の経営コンサルタントや地域ポータルサイトや中古車店さんのアドバイジング、最近はメディアのライターなんかもやってますので、お客様によっては、

「なんかいろんな事やってて、本当に大丈夫?」

みたいに思われている人もいらっしゃると思いますが、実はこんな経験があった事がきっかけだったんですよね。


それともうひとつ。

ペット業界の人たちとお付き合いしてて感じるのが、視野がすごく狭いという事。
犬の知識は持っているのですが、商取引や人間付き合いに常識のない人がとても多いような気がします。(もちろん、ちゃんとした人も多いですが)

皆さんもペット業界特有の慣習みたいなのに疑問に思われている方も多いのではないでしょうか?

でも、これって外の世界を知らないからなんですね。体験的に。

いろんな仕事をする事は、自分の本業であるペット業界をフラットな感覚で見ることが出来るメリットもあるのかな?と思っています。


ライチちゃんには本当に申し訳なく、かわいそうな事をしてしまいましたが、あの経験があったからこそ今のブランシアンがあったと言っても過言ではありません。

そういう意味では本当に感謝したい子犬ちゃんでもあります。

今でも、何か判断に困った時にはライチちゃんの写真を見て、我に返ったりすることもあったりするのです。



PR

ブログ内検索

プロフィール

代表の原田です。 

Author:代表の原田です。 
マジカルわん!は「ブランシアン」に店名変更いたしました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
→ブランシアンはコチラ♪

おすすめ

ペット事業者の便利帳 子犬販売ブランシアン ブランシアン美食店

Facebook

Facebookページ開設しました! いいね!をクリックしてね!

FC2ブログランキング

更新のはげみにポチッとお願いします!

いらっしゃいませ!

月別アーカイブ

お問い合わせ

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おすすめ書籍

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!

新品価格
¥1,575から
(2012/10/18 09:49時点)

ペットの自然療法事典 ペーパーバック版 (GAIA BOOKS)

新品価格
¥3,990から
(2012/10/18 11:01時点)

PR

↑