会員制の子犬仲介販売サイトがとりあえず完成しました!

2017.04.27(Thu)

こんにちは♪
娘のインスタをのぞいてはコメントしようかどうか躊躇している原田です。

親元を離れて今春から大学に通い出したばかりですから、なにかと気になるんですよね・・・
なかなか子離れができず、自分でも驚いております。 


さて、そんな中、ようやく会員制の子犬仲介販売サイトが形となってきました。

 ブランシアン・プラス


170508001.jpg



以前、 やっぱりペット業界を変えなきゃいけない!~10年目の節目に思う事~ という記事を本ブログで書きましたが、ようやく形となるものになりました。

このサイトはこれまでと違って会員制となります。
その主な理由をまとめますと、


・会員制、つまり出産をお待ちの方を事前に把握する事で計画的な交配を促進し、より健全な子犬をご紹介したい。
・お客様に必要な知識を身に着けていただく事で、正しい子犬の選び方・育て方を実践していただきたい。
・「子犬の幸せ第一義」の精神をお客様はもとより、ペット業界全体にも浸透させたい。
・先に産ませるこれまでの流通を減少させ、無理な交配や販売、売れ残りの遺棄等の撲滅をはかりたい。



つまり、子犬も飼い主さんもさらに笑顔になれて、これを広げる事で社会問題化している殺処分の減少にも貢献できると考えます。
保護犬の活動をされている人たちには本当に頭の下がる思いです。でも、そもそも我々が入り口の部分で、きちんとしたお客様に健康で性格の良い子犬を提供する事で、少なくとも捨てるなんて考えられない状況にしていくというアプローチもありますよね。

もちろん、そんな社会貢献をウリにするような、人の善意を利用して仕事をするつもりはありません。
正々堂々と事業として行いますので、これまでどおりプロとしての自覚を持って、甘えずやっていくつもりです。


とりあえず形だけの仕上がりですので、これからコンテンツは充実させていきますが、今後はブランシアン・プラスがメインとなります。
ただし、私としては新しい試みとなりますので、これまでのブランシアンも当面の間は平行して運用する形となります。

実際、どちらが良いのかはお客様次第ですしね。

ただ、優先順位としては、ブランシアン・プラスに会員登録していただいたお客様を優先的に子犬の紹介を行いたいと思っています。

これから子犬を探される方は、ぜひブランシアン・プラスをじっくりご覧になり、会員登録をいただけると嬉しいです。


 ブランシアン・プラス



尚、ブランシアン・プラスにはブログのようにリアルタイムな記事を更新する機能も備えました。

誠に勝手ではございますが、本ブログのような記事は今後ブランシアン・プラスの記事へ移行し、こちらのブログの更新は一旦終了させていただきます。


このブログを立ち上げてちょうど10年、本当にありがとうございました。
今後ともブランシアンをどうぞよろしくお願いいたします。





出産情報♪

2017.03.30(Thu)

お待たせしました。
福岡でカニンヘンが生まれました。 

ブラッククリーム(ブラックイエロー)の男の子1匹
シェーデットクリーム(シェーデットイエロー)の女の子2匹 です。





あと、香川では、

・アプリコットのトイプードル(小型?) 男の子2匹、女の子1匹

・チワワ クリームの女の子、フォーンの女の子

が生まれています。
ボストンテリアは、お腹が大きくなってきたので何匹かは生まれるかな~ 


事前にお問合わせいただいた方には、優先案内させていただきます。

 お問い合わせはこちらから



ミニチュアダックス生まれてます!

2017.03.15(Wed)

 1月17日生まれのブラックタンの男の子





兄弟たちと一緒にすくすく育っています。


17156318_620113511507669_8674664822198230355_n.jpg

dny30901-4.jpg


私の見た感じでは、ショードッグという観点から見ると兄弟の中でも一番ビューティフォーだと思っています。

プロのハンドラーさん(ドッグショーのエスコート役)の見立てでは、このまま順調に育てば普通にチャンピオンになる逸材のようです。

優秀なショードッグは優秀な家庭犬でもありますからね。
健康的にも性格的にもすごく良いと思いますよ~

というか、そんなの当たり前レベルなので、ペットショップさんなどでの選び方とは別の感覚となります。

この子の良さは、背中のラインがすごく綺麗な事。
それと、しっかりとした骨格構成ですので、将来が本当に楽しみです。

お散歩とか出かけるでしょう?
すると、よく立ち止まって少し遠くを見たりしますよね。大人になればコート(被毛)もエレガントに伸びてきますので、きっとその立ち姿は惚れ惚れとしますよ。

ダックスのブラックタンはポピュラーなので、おそらくどこかに出かけるたびに見かけると思います。
そのたびに歴然とした違いが分かって、さりげなく優越感に浸れます。

もちろん、一緒に暮らせばどんな子だって可愛いものですが、それとは別に、なんというか、いろんな場面で美しいダックスと暮らしている幸せを感じられる子なんですよね。

これって意外と大事なんです。なんてったって愛情が増しますから。

コートのお手入れだって、普通はめんどくさいですよね。
でも、こういうオーラをまとった子は、ついつい原石を磨きたくなるのです。


この子のお父さん 


dny30901-f.jpg


と、お母さん 


dny30901-m.jpg


両親ともインターナショナルチャンピオンです。
お父さんは、写真の通り大きなドッグショーで優秀な成績を修めましたし、お母さんは2015度のJKCダックスフンド部会で年間最優秀犬に選ばれました。


多分、次に探される時はこのレベルの子なんてそうそういませんからね。
今は分からないかもしれませんが、知れば知るほど「この子と出会えたのは本当にラッキーだった」と思えるはずです。

一生に一度だけ、美しいダックスと暮らしてみるのも悪くないと思いますよ。 


詳しい情報はこちら


動愛法改正に向けての動きもいろいろあるようで・・・

2017.02.13(Mon)

先日、毎年恒例の動物取扱主任者研修に参加してきました。





動愛法の改正は5年ごとに行われる事となっていまして、次の改正に向けてのいろんな動きが出て来ているようです。
例えば、飼育しているケージの大きさをきちんと数値化して、狭い所に閉じ込めないようにしようという動きであったり、
現在は親元に過ごさせる期間を暫定的に生後49日までと定めていますが、それをいつ生後56日まで引き上げるのか?という議論であったり、
また、愛護家さんたちもさまざまな規制強化の要望や署名活動も活発にされているようです。


それらが、ちゃんと理にかなったものなら新たな規制も大いに結構。
でもね、それよりももっと大切な事は「きちんと取締りを行う」という事じゃないでしょうか?


前回の法改正で何が起こったかというと、ちゃんと法を理解して実施したのは元々真面目にやってた業者やブリーダーだけ。
本来規制しないといけない悪徳業者やパピーミルたちは、悪知恵を働かせてうまくやっているのです。

例えば、今は子犬を買う際にはお客様が必ず子犬の現物を確認しなくてはいけません。
でも、いろんなお客様からの情報では、いまだに写真のみで選ばせて空輸している業者やブリーダーがいるそうです。

また、劣悪な環境で次々生ませている繁殖屋さんがブリーダー直販サイトで、まぁ派手に売っています。

地方にいる真面目なブリーダーさんは、どんなに遠方からでも見学に来るようお願いしますが、一方でそんなブリーダーがいると、そりゃぁお客様だってラクに買える方に行きますよね。

結局は、真面目な人ほどバカを見るという規制になってしまっているのです。


ほんと、取締りなんてほとんど行われていないですよ。何かトラブルが起きたりした時だけ動くみたいな。
それでもうちの管轄自治体では年に1度程度保健所からの訪問検査がありますが、なんというか・・・事前に電話がありますので・・・
こんなの抜き打ち検査じゃないと意味ないっしょ!(笑)

また、私もあきらかに動愛法に抵触している業者に関しては何度か管轄の自治体にメールや電話で通報したりもしましたが、ほとんど動いてくれるケースなんてないですしね。


さて、こんな状態で新たな規制が出来るとどうなるでしょうか?


真面目なブリーダーは廃業し、悪知恵に長けた良くないブリーダーだけがしぶとく生き残るなんて事が起きるかもしれませんよ。
そうすると、相対的に子犬の健康面や性格面といった質がどんどん低下していきます。価格はさらにあがりますけど・・・


動物愛護家や動物愛護意識の高い皆さん、
安易にいろんな規制強化の署名をする前に、ぜひ「取締りや罰則を強化してください!」という声をあげていただけるとうれしいです。

きちんと取締りさえ実施されれば、現行の法規制でも十分かわいそうな子犬を減らすことができますので。



ダックスのクリーム登録についての今後の対応

2017.01.13(Fri)

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、JKC第250回理事会にてダックスフンドの犬種標準の改正が下記の通り行われましたので、今後の当店の対応についてお知らせいたします。


0061.jpg


■改正内容(要約)

毛色について従来のクリームもしくはクリームを含む毛色(シェーデット・クリーム、ブラック・クリームなど)が犬種標準から外れ、血統書上の表記も×表示されます。
またこれにともない、ドッグショーにおいてクリームは失格となります。(ただし、あくまでも血統書登録上の毛色ではなく実色にて判断されるとの事です。)

※2017年1月1日施行。ただし、猶予期間を設け、実際には2018年1月1日からの実施となります。


■解説

以前よりダックスフンド部会より情報提供があったのですが、本来のクリームとはアルビノ系の遺伝子やフェオメラニンダイリューション遺伝子の働きによってフェオメラニンの生成が抑制された毛色であり、要は遺伝的に弱い個体である事が多く、クリームの交配は推奨されていませんでした。

ただし、血統書にクリームと標記されている個体の中でも実はイエローやレディッシュイエローである場合が大変多く、過去当店から「クリーム」としてご紹介したダックスも正確に言えば、イエローまたはレディッシュイエローにあたります。

従来より一般的な慣習によりすべてクリームとしておりましたが、今般JKCにおいて正確に登録するよう改正されたわけです。

ですので、お客様各位におかれましては、どうぞご安心いただきますようお願いいたします。

尚、各色の解説については以下の通りです。(JKC会報ガゼットより抜粋・引用)


・クリーム
dachs1.jpeg

クリームとは、毛色に赤みがほとんどなく、黄色みも淡く、フェオメラニンが抑制された毛色です。


・イエロー
dachs2.jpeg

イエローとは、赤みの少ない黄毛色です。


・レディッシュイエロー
dachs3.jpeg

レディッシュイエローとは、赤みがかった黄毛色です。



■当店の今後の対応について

2017年12月31日までの猶予期間に関しては、親元であるブリーダーの判断にお任せし、それぞれの毛色表示が混在する場合がございます。
また、ホームページの表示がクリームとなっていても、血統書上はイエローまたはレディッシュイエローとなる場合もございます。
極力正確な表示となるようブリーダーさんにはお願いいたしますが、当面混在する事をご了承いただければ幸いです。

※シェーデットクリームについてはシェーデットイエロー、ブラッククリームに関してはブラックイエローという表記に順次移行いたします。


■これまでクリームとしてご紹介したお客様について

先ほど申した通り、当店からのクリームは実際にはイエローまたはレディッシュイエローとなりますのでどうぞご安心ください。
血統書につきましては特に変更される必要はないと思いますが、ドッグショーに出されたり、子犬を生ませる場合には血統書の表示変更をされた方が無難です。
表示変更ご希望の方はご連絡いただければ手続き方法等についてご説明いたします。


以上、ご心配をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。




PR

ブログ内検索

プロフィール

代表の原田です。 

Author:代表の原田です。 
マジカルわん!は「ブランシアン」に店名変更いたしました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
→ブランシアンはコチラ♪

おすすめ

ペット事業者の便利帳 子犬販売ブランシアン ブランシアン美食店

Facebook

Facebookページ開設しました! いいね!をクリックしてね!

FC2ブログランキング

更新のはげみにポチッとお願いします!

いらっしゃいませ!

月別アーカイブ

お問い合わせ

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おすすめ書籍

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!

新品価格
¥1,575から
(2012/10/18 09:49時点)

ペットの自然療法事典 ペーパーバック版 (GAIA BOOKS)

新品価格
¥3,990から
(2012/10/18 11:01時点)

PR

↑