手術が必要と言われた時に考えたい事

2017.08.31(Thu)

先日、ある飼い主さんより電話でご相談がありました。

要約すると、
生後6ヵ月ぐらいのトイプードルを飼われているそうですが、まれに足を上げて歩くので獣医さんに診てもらったら膝蓋骨脱臼であると。
緊急ではないものの、先天性のため成長しきる前に手術するようすすめられたとの事です。

購入したブリーダーさんに相談すると獣医さんの指示に従ってくださいと軽くあしらわれたそうで、いろいろネットを見るうちに当店にたどり着いて、思い切ってお電話をされたようです。



1647787.jpg
※イメージ画像です。



うちからご紹介したわんこなら詳しく知っているのである程度判断もできるのですが、そうでない場合はよくヒアリングしないと安易な事は言えません。
そこでさらにいろいろお聞きしてみたのですが、これまでの成長の過程や生活環境、数日に1度程度の足上げなどから考えると、おそらく手術するレベルではないと思いました。

おそらく、膝蓋骨脱臼のグレードで言えば1か2程度ではないかと。
つまり、要観察ですね。


それともうひとつ引っ掛かったのが、レントゲン程度の診断だけで「先天性」と断定されている点ですね。

良くないブリーダーさんも多いので擁護するつもりはないのですが、それはそれ、これはこれです。
よく獣医さんは自分では手に負えないものや原因がよく分からないもの、あるいは飼い主さんの飼い方に起因するものに対して魔法の言葉として「先天的」とか「生まれつき」なんて事を平気で言われます。
おそらく、その無神経な言葉のおかげで多くのショップやブリーダーが悪いイメージを持たれてしまう一因にもなっていると思います。

もちろん先天性の可能性としてはありますが、おそらく飼い主さんにヒアリングした内容だと、今回のケースだとフローリングで飼われている事にも原因があると思われます。

ちなみに、獣医さんからは足を上げる頻度しかヒアリングはされていなかったようです。

ご相談された飼い主さんには、念のためセカンドオピニオンをおすすめし、フローリングのままでは生活させない事、安価で効果の高いと評判のサプリメントをおすすめして、後日経過をまたご相談いただくようお伝えして電話を切りました。




その獣医さんを批判するのが本稿の主旨ではないのですが、少し気になった点を以下にあげさせていただきます。


・安易に「先天性」と断定する事への問題点

獣医さんとしては丸く収めるつもりで悪気はなかったのだろうと思います。ただ、「先天性」と言われた事で、飼い主さんはお里のブリーダーさんに不信感を持ってしまいました。
当然不信感を持って相談してもブリーダーさんには伝わりますからね。私はそのブリーダーさんがどういう人か知りませんが、少なくともフラットな姿勢で相談したなら、別の対応になっていたかもしれません。飼い主さんとしては、貴重な相談先を1つ失った事になります。

それともうひとつ。
先天性と言われてしまうと、飼い主さんも対処のしようがなく、獣医さんに言われるまま手術をしてしまうところでした。もちろん私も実際に見たわけではありませんので、本当に要手術なのかもしれません。だからセカンドオピニオンをおすすめしました。
ただ、膝蓋骨脱臼は生活習慣から起こる事もかなりあるわけですし、それは獣医さんも知っていると思います。だったら、きちんと普段の生活状況を聞いて、適切な助言をすべきです。

現にヒアリングする事でフローリングで飼われている事が分かりました。きちんと予防する飼い方を伝えないと、ますます悪化してしまう可能性もありましたよね。

ただし、きちんとした根拠があって「先天性」と診断されるのなら、それに対してどうこう言うつもりはありません。



・成長しきる前に手術が必要という根拠が示されていない。

私のこれまでの経験で言いますと、実は今回の獣医さんが言われている事とは真逆の事例の方が多いのではないかと思っています。
つまり、成長期の軽度の膝蓋骨脱臼は、きちんと対処すれば成長するに従って症状が出なくなる、あるいは出にくくなるという事です。(あくまでも私が実際にかかわった事例の中でという事ですが)
詳しいメカニズムは分かりませんが、おそらく成長するに従って骨格がしっかりしてくる事と、周りの組織がカバーしてくれるのではないかと考えています。

飼い主さんに聞いても、なぜ成長しきるまでに手術が必要なのかという説明はなかったそうです。
きちんとした説明があったのなら別ですが、一瞬、よく居る切りたがりの先生なのかなと思ってしまいました。




以上を踏まえての結論なのですが、
膝蓋骨脱臼にかかわらず、要手術と言われたならきちんと納得できるまで獣医さんから説明を受ける事。
それと、できればセカンドオピニオンを受ける事をおすすめします。

セカンドオピニオンのコツなのですが、人間の場合と違って、別の動物病院にはセカンドオピニオンである事は伝えない方が良いのかなと思います。
どこそこの病院でこういう診断をされたというと先入観が出てしまいますし、特に獣医師会でのつながりのある先生どうしは変に気を遣う事もありますからね。セカンドオピニオンの意味がなくなってしまいます。

飼い主さんとしては、きちんとした判断材料をもって対処していただきたいと思います。

もちろん、緊急を要する場合は別ですからね。


それと、対処療法以外にもやれる事があるかもしれません。購入されたショップさんやブリーダーさんなど、きちんと相談にのってもらえる人をつかまえておく事もおすすめします。


どうしてもそういう人が見つからない場合は・・・

しょうがないのでうちに電話ください(笑)






やっぱりペット業界を変えなきゃいけない!~10年の節目に思う事~

2016.12.16(Fri)

2007年の3月に子犬の仲人業(仲介業)を本格オープンしてからまもなく10年の節目を迎えます。
これまでご縁のあったお客様ならびにブリーダーさん、ステークスホルダーの皆さん、これまで何とかやって来れたのも皆様のあたたかいご支援のおかげです。
心から感謝申し上げます。





思い返せば、約15年間金融畑という成果至上主義の世界に身を置いておりましたので、オープン当初は「売ってなんぼ」みたいな感覚が抜け切れていなかったと思います。

そんな感覚を木っ端みじんに粉砕してくれたのが、こちらの記事でカミングアウトさせていただいた大きな失敗があった事です。

辛い経験でしたが、オープン2か月目という早い段階で目を覚ませてくれた事は、今振り返ると大きな財産となっています。




 この10年いろんな事がありました。

冒頭から少し思い出話しみたいになってしまいますが、
その後はお客様やブリーダーさんにも恵まれて、ここ数年は経営コンサルの仕事が増えましたので子犬の仲人業はボリュームが下がってはいるのですが、それでもおかげさまでこの10年で700匹余りの子犬ちゃんたちとのご縁をいただきました。


005-2_20161216092249bbf.jpg


うちのお客様は皆さん本当に良い人たちばかりで、子犬をお迎えいただいた後も愛犬家仲間のようにお付き合いさせていただいております。

地元香川開催はもとより、東京で開催したオフ会にも本当にたくさんのお客様が集まっていただきました。
ある時は、3人のお客様のチャンピオン犬になったご愛犬がドッグショーに同時に出陳されるという事で、急遽東京ビッグサイトに足を運んだり、またある時は、タウン誌の「香川こまち」さんのお誘いでたくさんのお客様のご愛犬が誌面に掲載されたり、先日は映画「きな子」のモデルになった訓練士さんをお招きしてしつけ教室も開催しました。

※しつけ教室の模様はこちら

・しつけ教室ってぶっちゃけどうよ?実際に参加してみた。(私が書いたもの)
・意外と簡単、でも効果抜群!? うちの子も変われる犬のしつけ教室とは?(まいぷれ高松取材記事)



「ちょっとお茶しませんか?」「飲みに行きましょう!」なんてお誘いも有り難く頂戴していますし、毎年本当にたくさんのお年賀状もいただきます。


003_2016121609224850c.jpg


こうやって振り返ってみると、自分の人生も、なんというか・・・ なかなか良い感じだと思います。
重ね重ね本当にありがとうございます。




 でも、ずーーっと悩んでいる事があるのです。

それは、ペット業界が年々どす黒くなっている事です。

このブログでも再三ペット業界に対する批判や改善点の提起など書いてきましたし、草の根からでもと、同業者育成に携わらせていただいたり、ブリーダーさんにもいろいろお願いして少しでも業界の自浄に貢献したいと思ってやってきました。

まだまだ本当に微々たるものなのですが・・・


010_20161216092248b30.jpg


その甲斐あって、志を同じくする同業者さんも少しずつ増えてきましたし、お付き合いいただいているブリーダーさんも元々素晴らしい人たちだったのですが、さらにお客様や子犬の事に関して配慮をしてくれるようになりました。

このまま、継続して働きかける事で少しずつ、本当に少しずつ業界自体が変わっていけば・・・

それと、これは本当にずーっと考えている事なのですが、社会問題化している捨て犬や殺処分の問題。
保護犬や里親探しをされている愛護団体さんたちには本当に頭の下がる思いです。
でも、そもそも我々が入り口の部分で、きちんとしたお客様に健康で性格の良い子犬を提供する事で、少なくとも捨てるなんて考えられない状況にしていくというアプローチもありますよね。
これも、幸いなことに、今まで私がかかわったお客様に愛犬を無責任に捨てたなんて話は、噂レベルでも聞いておりません。

こういった社会問題に関しても、少しずつ良化に向かっていけば・・・ なんて考えています。



しかし、2013年の9月に業界を激震させる法改正がありました。

それは、「販売時の現物確認・対人説明」です。


要は、子犬を販売する際は必ず子犬を見学させて「現物」を見せないと売ってはいけませんよ。という法律です。


当初は私もこの法改正については大賛成でした。
今までもお客様には出来る限りご見学はおすすめしていましたし、これが法律で明記されれば、多少は販売数が落ちたとしても、お互い安心してお取引できると思いました。

でも、この法改正により、地方の優良なブリーダーさんは廃業を余儀なくされたり、繁殖回数を極端に減らざろうを得なくなりました。

ネットの写真だけで子犬を買う事には当然批判は有ると思います。
でも、真面目なブリーダーさんは、まずご見学をお願いして、遠方等でどうしても来られない人に対してのみ何度も写真のやり取りをしたり、何度も説明や相談を受けて、本当に手間暇かけて販売されていました。

そんな人たちにトラブルなんてほとんどなかったと思います。

法改正と言ってもこの条項には罰則がありません。

すると、今まで真面目にやって来た人ほどきちんと法律を守って、結果、関東や関西などからの引き合いがごっそり無くなってしまいました。
本当に犬好きな人なら、全国どこからでもご見学に来るという甘い見込みがことごとく裏切られたのです。

元々規制を受けるべき悪徳業者は、罰則の無い法律なんて軽く考えますし、法の抜け道を見つけては悪知恵を働かせます。
結果として、本来規制されるべき業者はしぶとく生き残り、保護しなきゃいけない真面目なブリーダーが振るい落とされるという、まったく真逆な結果となってしまいました。

当然、ペット業界自体の質も相対的に悪くなりますよね。
ここ最近の状況を見てみても、いろんな悪徳業者の所業が報道されていますし、ネットの書き込みなどを見ても本当に酷い状態です。
子犬の質も、良い子は少なくなり、その分需要が多くなりますので、数を生ませてなんぼの業者が良い子犬と見せかけて価格を吊り上げている状況でもあります。

おかげでうちでも不本意ながら、価格を上げざろうを得なくなりました。
他者なんて関係ないと価格を維持できればいいのですが、そうもいかないのが市場原理です。
ブリーダーさんにとっても、交配料は高くなるし、新しく迎える犬たちも高くなる。自らはそんな事しなくても、やはりオークションでは高値で取引されているとか、大手のペットショップがうちなんかの2倍で仕入れたいとか連絡があったりすると、やはりブリーダーさんも人の子ですから心穏やかではありませんよね。
しょうがないので、こちらも相応の金額を提示しないといけません。
だから、価格を上げてもうちの利益が上がるわけではなく、むしろ削ったりして調整してますし、そもそも価格が高くなると予算オーバーになるお客様も増えますからね。本当にこの状況だけは困ったものです。

法改正だけに原因があるとは思いませんが、明らかに悪化するきっかけになったと思います。

こんな状態になってしまったペット業界・・・

すごい脱力感とともに、ここのところ本当に悩んでいるのです。


085_20161216092247dd7.jpg


 そこで自己革命を起こそうと考えています。

こんな状況の中、最近心にしみるのが若い頃よく聴いた、渡辺美里さんの「My Revolution」です。

「わかりはじめたMy Revolution~♪」

ではありませんが、ここ何年もやってみたいと思う販売方法がありまして、ここのところ具体的な構想を練っているところです。


それは、会員制の子犬仲介業への方向転換です。


これまで私がやってきた事、

・本当におすすめ出来る子犬とブリーダーのみしか扱わない。

・お客様にとってはちょっと面倒だけど、遠方からでもきちんとご見学していただいて、当店の趣旨に共感していただけるお客様だけに販売する。

・かなりのお客様になりましたのでこちらからすべての人に連絡は出来ませんが、些細なご相談でもお受けできる旨をしっかりご説明し、いただいたご相談には一生涯、その子が天命を全うするまでお受けし、感覚的には一緒になって育てていく。

という販売指針を継承しながら、

会員制とする事で、主に以下の2点についてこれまでよりさらに改善できればと思っています。


1. お客様についての事

子犬を探そうと思われた時点でまず無料で会員登録をしていただきます。
もちろんすぐにご希望の子犬が居るとは限りませんが、お待ちいただく間に例えば子犬の育て方や飼い主としての心構え等のマニュアル類をご提供しますので、学びや気づきを感じていただき、安心して子犬をお迎えいただける状況にさせていただきます。
また、個別にご相談もお受けして不安を取り除く事も行います。

本当に現状は良くないショップやブリーダーも多く、素人目にはその良し悪しが分からない事も多いと思います。
もっとも、まずうちを信頼していただけるかの問題もあるのですが、信頼していただけるのなら可能な限り安心して暮らせる子犬を提供いたします。
もちろん生き物ですから「神のみぞ知る」部分はあるので100%安心とは言いませんが、私も後でお客様に恨まれたくありませんからね。そこはしっかり判断していきたいと思います。

先に書きましたが、これまでも無責任な飼い主さんとは当店は無縁でした。
しかし、大変失礼な言い方なのですが、あらかじめ育て方や心構えを学習していただく事で、より捨て犬などのリスクは低くなると思います。


2.ブリーダーさんや業界に対しての事

真面目にやっているブリーダーさんがなぜ法改正で淘汰されてしまったのかというと、単純に子犬が売れなくなったから。
子犬が産まれてもまったくご縁がなければかわいそうなので、ブリーダーさんも交配をためらっています。
先にお客様が会員登録していただける事で、少なくともご縁があるかもしれないという目に見えた見込みが立ちますので、安心して交配を行うことが出来ます。

現状でも特定の犬種については多くのお客様が出産をお待ちですが、それをさらに広げる事になります。
ある程度ご縁があるという状況になれば、スケールメリットも生まれますので、1匹あたりの価格も抑える事ができるかもしれません。

ただし、横に広げようとすると、香川周辺のブリーダーさんだけでは対応できませんし、お客様もできれば近くのブリーダーさんが安心できる人ならそれに越した事はないと思います。
だからと言って、現状では私自身のキャパもありますので、全国あちらこちらのブリーダーさんを回るわけにはいきません。

幸いな事に、同業者の育成を行ってきた事で、私のやり方に共感して同じような心構えで行われている同業者さんもちらほら出てきました。
私で対応できない場合は、そちらにお任せするなどの対応でなんとかなると思います。

むしろ、本当に健全にやっているけど報われないブリーダーさんや同業者さんのネットワークが出来れば、業界に風穴を開ける事も夢物語ではありません。
真面目にやる事が報われない現状のペット業界なんておかしすぎます。この状況をなんとかしたいのです。


と、つらつらと書きましたが、
会員制とする事でのメリットをまとめると・・・

・お客様がさらに安心して子犬と出会い、育てる事ができる
・ブリーダーさんや同業者さん、あえて言えば私自身も安心して販売する事ができる
・この仕組みを広げる事で、殺処分や捨て犬などの社会問題改善にも貢献でき、真面目にやる方が割が良いと見せる事で業界自体を少しずつ変えていける事ができる

そんな事を考えています。


082_20161216092246a99.jpg



ただし、この考えに共感いただけるお客様がどれだけいらっしゃるかは本当に読めません。

独りよがりで総スカンを食らってしまうと、おそらく私もペット業界から淘汰されてしまうでしょう。

そういう意味では、本当に覚悟がいる「My Revolution」ですので、慎重にプランを練りたいと思います。
また、「こうしたらいいんじゃない?」みたいなお客様側からのご意見等あれば本当に参考になります。


小心者ゆえ、「がんばれ!」と思われた方は、下の「拍手」をクリックいただけるとすごく励みになります。

今回は思いのほか半日かけて長文になってしまいました。お付き合いいただき心から感謝いたします。 





まだまだ草の根ですが・・・

2016.06.08(Wed)

ご存知の方も多いと思いますが、実は何かとグレーな事が多いペット業界に一石を投じようと、同業者向けのコンサルタントなども行っています。

最近はなかなかそこまで手が回らないのですが、
以前は同業者さんを集めた研修の講師なども何度となく依頼された事もございます。


10036219633[1]
※小さく写ってて分かりにくいと思いますが、一番前で偉そうに講義してるのが私です・・・


もちろん子犬ちゃんのご紹介をしたり、お客様のいろんなご相談も毎日いただきながらなのですが、
現在、新しくペット業界で頑張ろうとされている方3名の出店準備もお手伝いさせていただいております。

で、今日もある開業者さんのホームページの原稿をチェックしておりました。

その人は、かなり苦労をされた方で、
お子さんが知的障がい者だった関係で社会福祉のお仕事を長くされていました。
その流れで犬達の殺処分をゼロにすべくいろんな活動もされてきたとの事。

それで、ある時気づかれたんですね。

「捨てられた子たちを保護していくだけでは追いつかない。もっと根本的に解決していかなくては・・・」

つまり、なんでもかんでも子犬を繁殖してそれを飼い主さんに販売する現状のペット業界の流れを変えないといけないという事、入口の部分からなんとかしないといけないという事に気付かれたそうです。

そして、いろいろ調べるうちに、私の事を知っていただいたという事らしいです。


ただね、こういう問題って意外とむずかしいんですよね。

殺処分などの問題には子犬の販売者としてはちょっとふれにくい話題なのです。
タブーと言ってもいいくらい。

なぜかというと、いくら真面目にこの問題に取り組んでも、結局は「子犬を売る商売をしていて何を言ってるんだ」と言われるのがオチなんですよね。
それこそ、自分のところで売りたいがために偽善ぶってると思われますから、声高に叫べば叫ぶほど逆効果になってしまうのです。
私もこの業界に入ったばかりの頃、ちょっと失敗したクチです。(ちょっと、以前やろうとした事があって・・・ まぁ気になる方は2008年4月ごろのブログ記事をご覧ください  )

なので、直接的にはそういう話題にはあえて触れないところがあるのです。言いたくても言えないといいますか・・・


その人には、あえて声高に「殺処分をゼロにするために」と言うのではなく、不言実行でやりましょうと少し柔らかい表現の原稿に替えさせてもらいました。

私たちの仕事は、たくさん子犬を売る事じゃなくて、本当にかわいがってもらえる子犬をきちんとした飼い主さんにご紹介する事です。
「だっこしてみますぅ?」なんて衝動買いさせるから、深く考えずに飼い主になって後で捨ててしまわれるんです。

どうしようもないご事情があって里子に出された人はいますが、うちのお客様に限って愛犬を捨てるような人はひとりもおられませんし、そんな話は噂レベルでも一度も聞いていません。
有難い事に、みなさん本当に家族の一員としてかわいがっていただいています。

自信を持ってこういう事が言える業者が増えれば、自然と殺処分という問題もなくなってくるんじゃないかと思っています。

堅苦しい事をしなくても、まともな販売方法をやった方が実は儲かるんですよ!みたいな状況になれば、みんな真面目にやり出しますしね。私は儲かってませんけど・・・


もちろんそれだけが理由じゃないですし、結局は自分が仕事をしやすいペット業界にしたいのが本音なのですが、これからも草の根から同業者さんの支援活動も行っていきたいと思います。



あっ、、、
決してお客様にプレッシャーを与えているわけではありませんよ。
普通に飼っていただいて、本当に愛らしい、捨てるなんて1ミクロンも考えられない子犬ちゃんをご紹介しますからプレッシャーを感じる必要はございません。 




相変わらず子犬の価格が高騰してますよね・・・

2016.05.17(Tue)


わんこ達は本当に可愛くて、散歩しててよく会うご近所のわんこなんか、いつも抱きつきたい衝動を抑えるのが大変なくらいです。
頭が完全オフの時などは特にそうなってしまいます。

どの子もそれぞれ個性があって、幸せそうに過ごしているのを見ると、ほんと嬉しくなります。


035_20160517095520084.jpg


でも、子犬を販売するという職業柄そうも言ってられないのが悲しいところで、
値段を付けないといけない、皆様にちゃんとした子を提供しないといけないと考えると、とたんにシビアな目になってしまう辛さがあります。

動物愛護団体の人からすると「犬を差別するのはけしからん!」とか言われそうですし、皆さんの中にも違和感を感じている方も多いと思いますが、商取引である以上はそれも仕方がないと思っています。

犬に対する愛情と、値段を付けて売る事はまったく違う感覚を持たないと、それこそ後でお客様に恨まれる事となりますからね。


ブリーダーさんにも同じ事が言えるのですが、何代も血筋やクオリティーを見ながら適正な交配をして、その中でも特に優れた子はドッグショーというひのき舞台に立たせる。
一般の方が聞けばびっくりする位のお金と手間をかけてチャンピオン犬を目指すのも、これは何も見栄だけじゃなくて、公平な審査員からのお墨付きをもらって、自分の繁殖手法のあり方を振り返り、さらにレベルアップを目指しているんですね。

犬種としての「あるべき姿」を後世に残し、受け継がせる重要な役割を担っているわけです。

なので、きちんとしたブリーダーさんほど誇りが高く、生れて来た子犬には愛情とともにその価値を分かっていただける(あるいは分かろうとしてくれる)飼い主さんにお渡ししたいというのが本音。

若干親バカも入ってますが、「うちの子は王子様お姫様なのに、そこいらのミーちゃんハーちゃんと一緒にしないで!」というのは、ブリーダーとしての誇りであり、自信の現れなのです。

多分、うちのお客様でしたら身を持ってお分かりいただけるんじゃないかと思います。
最初は「血筋なんて気にしない」と言われますが、実際に一緒に暮らすと「これが血筋の違いなんですね」なんて、多くのお客様から聞かれる話です。
子を見れば親が分かると言いますが、血筋とともに愛情を伴ったお里の小さな文化を感じていただけると、私もほんとに嬉しくなります。



ところが・・・・


今はそんな誇り高いブリーダーではなく、利に聡いだけの中身のない繁殖屋さんやペットショップさんが、先の表現で言えばミーちゃんハーちゃん達をびっくりするぐらいの価格で売りつけてますよね。

昔は値切って来るお客さんに「ポルシェやフェラーリをカローラの値段で売れるかね!」って言ってたのですが、今はカローラがフェラーリやポルシェと変わらない値段になっているのです。(表現が悪いですが・・・)

いやほんと、ブリーダーさんが直接販売しているサイトとかありますよね。名前は伏せますけど。
ブリーダー直販って言ったら安く買えるイメージを持つかもしれませんが、そんな所で販売している人に限って私達の目から見ると「なんでそんなに法外な値段なの?」と驚く事もしばしばなんですよ。

もちろん数年前と比べると全体的に出産数は減って来ています(その辺の理由は前にも話しましたが)ので、市場原理で全体の価格が上がってきているというのはしょうがないとしても、それに便乗してさらに高騰させているというのが現在のペット業界だと思っています。


これね、ほんと困っているんです。

私としては子犬の価格基準は意外と明確で、例えば直接利益につながるプロに販売するなら相応の価格になる子犬も、一般のお客様にはそこまでのメリットはないですし、でも、本来あるべき姿としての子犬の価値を考えるとある程度妥当な相場観というものが自分の中であるんですね。
これは10年来不変のものです。

具体的に言うと、うちで扱っている子犬はおおよそ25万円~35万円ぐらいが多いですね。血筋はみんな良いのでプロに出すとしたら最低50万円からですし、一般のペットショップさんで売られている子たちとは別の世界の子たちですから。

それが、市場原理にひっぱられるように価格が高騰しているので、どうしても私の相場観よりも高い値段を付けざろうを得ないのです。
もちろん、私のいただく利益も削ってますよ。申し訳ないので。
何年も前からお待ちいただいているお客様も大勢いらっしゃるので、ある日突然価格を2倍にするなんて事はできないのです。

それと、以前はペットショップさんで売られている同犬種に比べると、うちの子たちは質が高い分、当然価格も数万円程度高目だったのです。
価格ってほんと分かりやすくて、それなりの適正な価格がその子の価値を端的に伝える要素だったりしてたんですね。

それが、良い子も悪い子もこれだけ価格が高騰したら、その価値が沈んでしまいます。
悲しいかな、普通のペットちゃんと同じ感覚でお問合わせいただくお客様も増えてきましたしね。これは本当に子犬ちゃんにとってかわいそうな状況です。


という事で、一日も早くこんなぼったくり相場は終わっていただきたいと、切に感じている今日この頃です。



 ついでにお知らせです。

ほんと、数年ぶりにパピヨンのベビーが生れました!
パピヨンは血筋のよい子はほとんど一般の方には目に触れる事ができないですからね。
健康面や性格面は言うに及ばず、被毛のエレガントさをぜひ感じていただきたいと思います。





次に、人気のレッドのトイプーです。
この子たちも5月2日に生まれました! ちなみに写真は以前同じお里で生まれた子犬ちゃんです。


pgt12701-1.jpg


ドッグショーによく行かれる方はご存知だと思いますが、レッドはほとんど出陳していません。
つまり、そもそもレッドは血筋で言えば少し落ちるのですが、人気先行で価格が高騰している最右翼ですよね。

この部分は語り出したらまた長くなるので詳しくは当店ホームページの子犬の選び方をご覧いただきたいのですが、レッドのトイプーは本当に慎重に選んでいただきたいものです。

今回の子たちもびっくりするほど良い血筋というわけではありませんが、現在の繁殖の流れに反してがっちり、しっかり育ててくれています。
これも楽しみなベビーたちです。 


そして、最後はマルチーズです。
この画像も前回の子なのですが、同じような感じになるのでしょうか。5月9日に生まれています。


mgt51901-1.jpg


マルチーズといえば借りて来た猫のようなイメージかもしれませんが、
うちが紹介する子たちはみんな元気いっぱいで、やんちゃなので最初は少し大変かもしれません。

でも、やんちゃな子ほど性格も明るいですし、ひとなつっこいです。
子育ての楽しさを感じさせてくれる子たちですよ! 


以上のベビーたちは、成長の様子を見ながら近いうちにホームページにアップします。
あらかじめお問合わせいただいたお客様には優先的にご案内いたしますので、ご興味の有る方はぜひお知らせくださいね! 


 ブランシアンはこちら



このままでいいのか?ペット業界

2015.10.22(Thu)

こんにちは。
朝からブリーダーさんとバカ話していて仕事がはかどらない原田です。

パグの話しをしだしたら止まらない人なんです。 


151022001.jpg


こういうこだわりと愛情がいっぱいなブリーダーさんと話をすると、ほんとほっとするのですが、
世の中にはそうでない繁殖屋さんも大勢いるのです。

こんな記事を見かけました。


犬のふん117トン山積み…「片付ける金なかった」元ブリーダーの男逮捕


犬のふん117トンて・・・

まぁ、詳細は記事をご覧いただくとして、
なんというか、ほんと定期的に話題を提供してくれますよね。ペット業界の人達・・・



これは2年前に動物愛護法の改正が行われてから、さらにひどくなっているような気がしています。


ご存知のように、法改正後、子犬を販売する際にはお客様に実際に子犬を見せないといけなくなりました。
それと、生後45日まではきっちり親元で育てないといけなくなりました。

まぁ、後者については善良なブリーダーさんなら当たり前に行ってきた事なのですが、
商業繁殖の人達はもっと早く文字通り出荷してましたからね。長く手元に置くことでコストがかかってくるようになりました。
でも、これは別に正常な形になっただけで問題はないと思います。


私が気になっているのは、前者の方。いわゆる子犬の「現物確認」というものですね。

正直、これは地方のブリーダーにとってはかなりの痛手です。
やっぱり、なんだかんだ言っても東京や大阪からの購入って大きかったんですよね。
それが「子犬を購入される際はこちらまでご足労下さいね」なんてなってくると、これがなかなか来てくれない。

量販店や市場に出している、いわゆる繁殖屋さんにとってはそれほど影響がなかったかもしれませんが、
手塩に育てた子を、わけの分からない流通経路に乗せたくないというブリーダーは、もろに影響を受けたんですね。

そして、真面目なブリーダーさんたちが交配を減らしたり、廃業したり・・・
相対的に繁殖屋さんの比率が高くなって、以前より子犬の質は極端に悪くなりました。

子犬の出産数も減っているので、価格も高騰しつつありますしね。



ただ、やっぱりネットとかで簡単に子犬を売る事には批判はあると思います。

でもね、ワンクリックで簡単に販売するようないいかげんなブリーダーって、繁殖屋さんに多かったんですよ。
ちゃんとしたブリーダーは基本的に子犬を見てもらいたいけど、どうしても距離的に無理なお客様に対しては何度もやりとりをして、双方納得して空輸なりの対応をしてきたのです。
だからそういったブリーダー達の間では、おどろくほど後々のトラブルは出ていなかったのです。


とは言え、業界内に悪い事をする人が目に付くと、全体になんらかの規制がかかってくるのは仕方のない事。

そもそも、私自身も子犬を購入される時は基本的には見に来て下さいね!というスタンスでずっとやってきましたから、
法改正自体には異論はありません。
今後、十数年ともにする家族を選ぶわけですから、東京だろうが大阪だろうが北海道だろうが、本当に良い子犬を手間暇かけて探すのが本来の姿だと思っています。

ただし、現状を考えると、そこまでの意識が売る方にも買う方にも浸透するのにはかなり時間が必要です。
それと、これまで何度か取引があって、お互い信頼しあっているお客様に対しても一律法律がかかってきますからね。
それもどうなのかな?なんて思うわけです。

今後も、きちんとしたブリーダーは縮小や廃業を余儀なくされて、利に聡い繁殖屋さんだけが増え続けていく・・・
そういう状況は当分続くでしょうね。



こういう現状ですので、これから子犬を飼われる皆さまにお願いがございます。


・ペットショップさんで本当に納得できる子犬がいたのなら、それはそれでいいです。
でも、その前に手近なところだけではなく、もっと視野を広げて探してみてください。

・本当に愛情を持った、きちんとしたブリーダーさんはあまり表に出てきませんし、どこかの直販サイトで派手に販売したりもしません。ひっそりとSNSやフログ等で情報を出しているがせいぜいです。
そういうブリーダーさんをぜひ見つけてあげて下さい。結局は、その労力が最高の子犬と出会う最良の道だったりするのです。

・いったん「この人!」と思うブリーダーさんが現れたら、気長に子犬が産まれるのを待ってあげて下さい。それと、いろいろご事情はあるとは思いますが、日本全国どこだろうが見に行ってあげて下さい。



購入される人たちがもっと賢くなれば、自然と悪徳といわれる繁殖屋さんは淘汰されていきます。
私もせいぜい業界を変えて行こうとここ10年近くいろいろやってはいますが、どうしても草の根になってしまいますので、ぜひお願いしたいと思います。



ちなみに当店では、そんな状況ですので以前ほど頻繁に子犬情報をホームページに掲載できておりません。
一時は新規の取引ブリーダーさんを開拓する事も考えましたが、いかんせん質が悪すぎます。
よく取引依頼の連絡もいただけるのですが、10人のうち取引したいと思うブリーダーさんは1人いるかどうかといった状況なんですね。

ですので、現在70人近くのお客様が出産をお待ちいただいておりますが、
なかなか出産が追い付かず、ますますお待ちのお客様だけが増えて行ってる状況です。
本当にご迷惑をおかけしております。

でも、逆に言えば、安易に子犬を購入されるのではなく、こだわって探される方が増えているという実感もあります。

こういう流れがどんどん増えていく事が、おかしなペット業界を変えていく事につながっていくのかなと思っています。


すみません、久しぶりに業界批判みたいな記事になってしまいました。
気を悪くされた方、お詫び申し上げます。






PR

ブログ内検索

プロフィール

代表の原田です。 

Author:代表の原田です。 
マジカルわん!は「ブランシアン」に店名変更いたしました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
→ブランシアンはコチラ♪

おすすめ

ペット事業者の便利帳 子犬販売ブランシアン ブランシアン美食店

Facebook

Facebookページ開設しました! いいね!をクリックしてね!

FC2ブログランキング

更新のはげみにポチッとお願いします!

いらっしゃいませ!

月別アーカイブ

お問い合わせ

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おすすめ書籍

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!

新品価格
¥1,575から
(2012/10/18 09:49時点)

ペットの自然療法事典 ペーパーバック版 (GAIA BOOKS)

新品価格
¥3,990から
(2012/10/18 11:01時点)

PR

↑