四国インターナショナルドッグショー

2013.04.22(Mon)

伊勢ぇの~ 名物ぅ~ ♪





伊勢までは行きませんでしたが、
土曜日は岐阜までボストンテリアっ子をお届けしてきました。 

そう、1匹だけなぜか居残っていた、あの女の子です。

早々とお迎えいただいた姉妹たちのお客様からもご心配いただいていたのですが、
どうやら「行かず後家」は免れました。 

まぁ、これだけの子ですから、ブリーダーさんも私もまったく焦ってなかったんですけどね~
どなたかがおっしゃっていましたが、月齢が経てば、逆に価値の上がる子たちです。


とは言っても、生後3か月半。
遊びたい盛りですので、少し油断すると・・・


007_20130422101331.jpg


008_20130422101331.jpg


ソフトキャリーのふたの一辺はマジックテープで固定する仕様なのですが、
強引にこじ開けたのは、この子が2度目です。

ちなみに1度目はというと・・・  これもボストンテリアでした。。。 

危ないので、ガムテープで固定して、おとなしくしていただきました。


018_20130422101330.jpg


そんな目をしてもダメです! 


新しいお家は高速道路のインターチェンジからさらに車で1時間。
なので、お客様が気を遣っていただいて、大垣西インターまでお迎えに来て下さいました。

がっちり育っている子犬の姿に目を細められ、
「本当に綺麗な子ですね~」って、大喜び!

これからお転婆さんが家族の一員になって、うんと賑やかになりそうですね。
このたびはお迎えいただきまして誠にありがとうございました。 



 そして昨日は「四国インターナショナルドッグショー」に行ってきました!


024_20130422101329.jpg


前日の疲れと、季節外れの寒さに「私はカメになりたい・・・」なんて、
ふとんの中でヘルマンリクガメのようになっておりましたが、

後で何を言われるかわからないので 年に一度のお祭りのような日なので、
ユンケル飲んで、颯爽と会場に向かいました。


やっぱりドッグショーはいいですね!
美しい犬達を見ていると、カメだった事なんてすっかり忘れて、ウサギの気分になります。 


ビションフリーゼ
025_20130422101328.jpg

オールド・イングリッシュ・シープドッグ
067_20130422101417.jpg

ミニチュア・シュナウザー
065_20130422101418.jpg

ボーダーコリー
027_20130422101402.jpg

マルチーズはブラシ片手に 
070_20130422101416.jpg


そしていつものお約束、第4グループ・ダックスのリングです。 


035_20130422101401.jpg


今回は、コウちゃんちのルイちゃんが出陳するとの事で、応援です。 

ルイちゃんは、先月の北九州で見事チャンピオンになりました! おめでとうございます!!
今回は凱旋ランなんですよね~


043_20130422101400.jpg


ハンドラーのタカコさんとも息がぴったり♪


052_20130422101359.jpg

056_20130422101358.jpg


ユンケルの飲みすぎでぼーっとしてて、結果は分かりませんでした。とほほ・・・ 

でも、チャンピオンのお披露目的なエントリーだったので、ママさんも笑顔で観戦されていました。
慣れないカメラ操作に気を取られて、記録に残って記憶に残らなかったようですが・・・ 

この人は、何のことだかさっぱり分かっていないようでしたし・・・


039_20130422101400.jpg

妹分のミューちゃん 

次はアタチの出番かな?
そんなこんなで、すっかりショーの世界にどっぷりなコウちゃん一家なのです。 



ダックスのラウンドもひととおり終わり、午後からはそれぞれのグループを勝ち上がった犬たちの熾烈な戦いが始まります。

と・・・

本来なら最後まで観戦して〆のひと事でかっこよくブログを終えたかったのですが・・・


すみません、電池切れです。。。 


でも、こうして定期的にドッグショーを観戦しておくと、自分の判断基準が再確認できて、
それが、皆様に健全な子犬を提供できる基礎になっているのかなと思います。

子犬の健康面や性格面、ついでに言えば容姿へのこだわり等・・・
そういった事を突き詰めると、やはり血筋の良さに行きつくと思っています。

ただし、これはチャンピオン犬だから良いとかという単純な事ではありません。
特に最近のダックスなどを見ていても思う事なのですが、
ドッグショーの規格に合わせるために、体を絞って、その結果、不健康そうな子はたくさんいましたしね。


血筋へのこだわりというのは、仮にチャンピオン犬というのが分かり易いアイコンだとしたら、
心身ともに健全に優秀な犬に育てていくプロセスが大事なのであって、
チャンピオンというタイトルありきのドッグショーなら、もはや私の興味の対象ではなくなります。
そういうタイトルを、さも嬉しそうに「チャンピオン犬の子供ですよ~」なんて、売りたくはありません。


そういう意味では、勉強になる事もあれば、反面教師にもなるドッグショーというものは、
やはり、たまには出向いて見ておかないといけないかなと思っています。

まぁ、私はそう思っているだけで、他人様を批判するわけじゃないんですけどね。 


次のお祭りは、秋の中国インターです。楽しみ~っ♪




前回の記事にたくさんの「拍手」やコメントをいただきましてありがとうございます。
正直、こんなにたくさんの「拍手」数になるとは思ってもいませんでした。

ペット業界の裏事情なんて、都市伝説的な事を除けば、なかなかネットなどを見ても表に出ているものでもありませんので、こういう話しを書いてみるのも有意義なのかな?と思いました。
(正直、商売上はあまりアクが強すぎると良くないのですが・・・涙)

これからも、折に触れてお伝えしていきたいと思いますので、みなさまのからの暖かい応援をお待ちしております。
 



ブランシアンはコチラ♪

スポンサーサイト

ペット業界、本当に大丈夫なの?

2013.04.18(Thu)


今回はがっちり文章にしますので、見づらいと思いますがご了承ください。


最近は、人様の悪口みたいになってしまいまうのも気が咎めますし、
「結局は自分のところで買ってほしいだけでしょう?」なんて勘ぐられても嫌なので、
あまりペット業界の批判みたいな事は書かないようにしていたのですが、

毎年4月~5月というのは一般的には需要期という事もあって、この時ばかりと目を覆いたくなるような事例が頻発しています。
その反動として、夏場にかけて多方面から飼い主さんが苦労されているという情報を耳にするのも毎年の事なので、ここは久しぶりに注意喚起をしておこうと思います。


最初に断わっておきますが、生まれてきた子犬はみんなかわいいですし、等しく幸せになってもらいたいと思っています。
一部、子犬の優劣についても書きますが、当然価格が付いてくるものですので、そこは「命」としてではなく、「かかわってきた人に対する評価や対価」で優劣を付ける事をお許しください。


Fotolia_32339206_XS_20130418121039.jpg




ここ最近、耳にし、目にしたおかしな事例


◆トイプードルが販売サイトでは別物に化けていた!

これは今に始まった事ではないですが、日を追うごとにエスカレートしている事例です。

あるブリーダーさんからお聞きした実体験ですが、
先日、とあるトイプードルを専門に扱っている業者より「子犬を譲ってほしい」という話があったそうです。

熱心に頼まれるので仕方なく1匹の子犬を十数万円で卸しました。
そして、ある日ふとその業者のサイトを見ると、販売価格が四十数万円・・・


断わっておきますが、その子犬は特に血統が優れているわけでもなく、特別小さくなるような子犬でもありません。
きちんとした交配はされていますが、それでもごくごく普通のトイプードルです。

ちなみに、うちで販売するとしたら、高くても20万円まででしょう。

ただ、価格については人件費や設備等、お店によっても経費が違うので、一概に「ぼったくり」と言うべきものではありません。
そこは、購入される皆様のご判断にお任せすべき事です。

でも、問題はその後なんです。


先にも書きましたが、ごくごく普通のトイプードルです。
両親だって大きさで言えば3kg程度ですし、この子も現状は小さめですが、おそらく両親と同程度になる事はきちんとその業者に伝えているとの事でした。

しかし、販売されている情報は、

・両親とも2kg以下での表示。

・タイニーサイズになるような表示。

・マズルが短い、目はまんまる・・など、絶対そうはならない事をアピールしている。

・極め付きは、目や鼻などを中心としたかわいく見せる為の過度の画像加工。

こういった事をノリノリの文章で紹介していたそうです。

もし、後々トラブルになったら、血統書に名前を載せているブリーダーさんにも良い影響は与えません。
ブリーダーさんは、もう二度とその業者とはかかわりたくないとおっしゃっていました。


確証がないので業者名は出しませんが、
こういう所は、クレームに対してもごまかすノウハウは持っていると思いますので泣き寝入りになるかもしれません。

人工的なかわいさがある写真を掲載している業者には、必ず実際に子犬を確認のうえ、しつこいくらいに情報は確認なさって下さい。

ぜひご注意いただきたいと思います。


しかし、トイプードルの世界は特別おかしな人が多いと思うのは私だけでしょうか?
昔からトイプードルを繁殖されているブリーダーさんは、みなさん呆れています・・・



◆今年は特に店頭価格が上昇、あるいは二極化の流れです。

これも聞いた話なので何とも言えませんが、複数お聞きしていますのでまず間違いないでしょう。

アベノミクス効果で消費マインドが上昇しているせいでしょうか、
ここのところ、子犬のセリ市場では子犬の落札価格が上昇しているそうです。

数か月前なら2、3万円の値も付かなかった子犬が10万円前後で落札されたりなんて話もあるそうで、
普段格安で販売しているあるペットショップさんは、落札価格が高すぎて手ぶらで帰ってきたとか。

また、どんな子犬でも値が付く状態なので、「これはまずいだろう」と思われる子犬も平気で取引されているそうです。


皆様もご存じのように、大手のペットショップや量販店、ホームセンターなどでは、セリ市場から仕入れている場合が多いので、当然ですが店頭価格にも反映されます。

お店にもよりますが、10万円の落札だったら、店頭価格は20~25万円にはなるでしょうか?

これも需要と供給のバランスなので仕方がないとは思いますが、
本来ならもっと低い価格(評価)をされている子犬が「需要期価格」で売られている事は頭の隅に入れておくべきだと思います。

ましてや、普段なら落札を躊躇する子犬まで出回っているらしいですからね。
ペットショップさんで買うなとは言いませんが、少し時期をずらした方が無難だと思います。


ちなみに、うちでは価格に時期的要因は反映していませんし、特にこの時期だけ張り切って販売する事もありませんので、念のため。



◆格安店では苦肉の策??

さて、さきほどは子犬価格が高騰しているという話しでしたが、今度は格差の話しです。

先日、ちょっと買物があったのである量販店さんへ立ち寄った時の事です。
あまり詳しく書くとお店が特定されるので、ぼかしぎみで書くことをお許しください。


普段から格安志向の顧客層を相手にしている量販店さんは、当然卸価格の高騰には手をつけられません。
で、どういう子犬を販売しているかというと、

生後3か月以上、中には1歳にもなった子犬を赤札で販売しているんですね。

ただ、これも別にとやかく言うべき事ではありません。
月齢の経った子犬でも、当然新しいご家庭で幸せになってもらいたいですし、昨今のような生後間もない赤ん坊を店頭に並べる業者の事を考えたら、むしろ褒められるべき販売方法とも言えます。

でもですね。

これもやっぱりやり方がまずい!

なぜって、みんなその月齢とは思えない小ささなんですよ。
ある大型犬なんて、生後3か月近くでチワワぐらいの大きさしかありませんでした。普通は柴犬サイズです。

他にも「生後2か月前かな?」なんて見ていると、すでに生後半年ぐらい経っている子犬だったり・・・

そして、どの子も痩せていて覇気が感じられませんでした。


これはどういう事なのでしょう?

いろんな裏情報から予想すると、おそらくいろんなペットショップさんで売れ残った子犬を格安で仕入れ、販売しているものと思われます。

だから、例えば生後6か月の子犬でしたら、早いうちから親犬と放され、以後、大事な社会化期や成長期をずっと狭いショーケースの中で過ごしていたという、実はとっても可哀想な子犬たちなのです。

当たり前ですが、そんな状態だと食も細くなりますし、運動だってロクに出来ませんから、筋力だって弱々しいものになりますよね。


「月齢は経っていますが、子犬みたいにちっちゃくてかわいいですよ~」

なんて売るのだと思いますが、小さい理由を考えると本当に涙が出てきます。


でですね、何もお客様層にケチを付けるわけではないのですが、
私の経験から言っても、格安で買った子犬は、それなりの飼い方しかされない傾向にあります。

こういう子犬は、体に負担にならないペースで、良質なドッグフードを与えて、獣医さんとも連携しながら徐々に本来あるべき姿に回復せさなければいけないので、手間もお金も相当かかってくるはずです。

「お安くてお買い得ですよ!」

なんて売り方をしていて、いざお客様が購入される時になって「しっかりお金と手間をかけて立派に育ててください」なんて言えないですよね。普通は。


だから、あえて言います。

「安く買った子犬ほど、たくさんお金をかけてあげて下さい!」

実際、かなりお金はかかると思いますので、そのあたりは覚悟されて、ぜひ可哀想な子犬を救ってあげて下さい。

もちろん、そんな商売が成立しないくらい、値引き交渉は必須ですけどね。




他にもまだまだ事例はありますが、私も書いていて途中で嫌になりましたので、このあたりで止めておきます。

もちろん、きちんとしたご商売をされている業者さんも多いんですよ。
前にも書きましたが、私の感覚だと、だいたい2割くらいの業者さんは悪い商売はしていないと思います。

そういう良い業者さんはオールウェルカムじゃなくて、ちゃんと子犬を見極めて、お客様だって選びながら商売をされていますので、おおよそが規模は小さく、あまり一般的には目に止まりにくい存在です。

だから良くない業者が目立ってしまうという事なのですが、
やっぱり、突き詰めていくと「儲け第一主義」になっているんですよね。

事業だから、利益を出さないと存続できないのは分かります。
でも、我々は「命」を扱うという非道な仕事をしているわけですから、せめて、商品である「子犬」の幸せだけは第一義に考えてあげないと、仕事に誇りは持てないと思います。

たくさん儲けたければ違う仕事をすればいいんです。

うちだってホント、毎月ピーピーなんですから。(涙)


また、そういう「命」を軽く扱う業者が儲かっているという現在の構造にも問題があるんです。

これから子犬を飼われる皆様が、ちゃんと知識を付けて、手間を惜しまず業者を選べば、必然的にそういう業者は淘汰されて、可哀想な子犬も減ってくるんですけどね。


そう考えると、こういう裏情報も少しは書いていかないといけないのかな、と思います。


同業者さんには、相当嫌われるでしょうが・・・


このブログをご覧になっている皆様にも不快な内容かもしれませんので、下の「拍手」が多かったらまた書こうと思います。 



ブランシアンはコチラ♪

子犬が少なくてすみません。。

2013.04.15(Mon)

先日、散歩をしていると、店先にかわいい四つ葉のクローバーが売られていました。 

自営業者のサガでしょうか?

ついつい、こういう縁起物は買ってしまうんですよね~






ところが、買って二日目の朝のこと・・・



003_20130415062147.jpg


ガーン!! 


幸運が逃げてゆく~~


マジでちょっとうろたえましたよ!
朝から水をあげてみたり、日の当たる場所に置いてみたり、霧吹きで葉っぱを濡らしてみたり・・・

私の真剣な介護が実を結んだのか、1時間ほどで蘇生しました! ヤッター 


と・・・


なんだか大喜びしてしまったのですが、翌日も翌々日も同じことの繰り返し・・・

どうもコイツは、こういうライフスタイルのようです。 なんのこっちゃ・・・ 




さて、昨日は岡山のブリーダーさん宅へ行って、高松市内にカニンヘンちゃんをお届けしてきました。 

お名前は「ごん」ちゃん。♂
当店でもなかなか出てこない、両親ともインターナショナルチャンピオン!!

血統の良し悪しだけで言えば特A級、いわゆる「あがり」であり、
車で言えば、カウンタックもフェラーリもめじゃねぇ!

というレベルなのではないでしょうか。 自慢せずにいられない!


005_20130415062147.jpg


かわいいでしょう?


笑顔もオトコマエです。 


008_20130415062146.jpg


お客様宅へ着いたら、さっそく飛んだり跳ねたりの大騒ぎ!
ごはんもペロリと食べて、トイレもちゃんとシートで出来たそうです。

ひとしきり遊んだあとは、さすがに電池切れ・・・ 


IMG_20130414_155808.jpg
※さっそくお客様が、お写真を送って下さいました。ありがとうございます。


最初にお問合わせをいただいてから約4か月、本当に長らくお待たせいたしました。
ドッグショーに出してくださいとは言いませんが、
現状の骨格構成や立ち姿、歩様などを見ていても、このまま育てば普通にチャンピオン犬になれるレベルです。

性格の良さもそうですが、本物が持つ美しさにふれながら、ぜひお幸せにお暮しください!

このたびは誠にありがとうございました。 



そして、最後になってしまいましたが表題の件です。

ブランシアンのホームページをご覧の方には物足りないと思いますが、
皆様にご紹介できる子犬の掲載が、とても少なくなっています。

すみません。


これにはいろいろとわけがあるのですが、

ひとつは、なかなか私が納得できるブリーダーや子犬がいないという事があります。

定期的に犬舎訪問しないと不安なので、当然あまり遠方のブリーダーとは取引できませんし、
そもそも、皆さんが想像する以上に良いブリーダーは少ないのです。

信頼できるブリーダーさん宅で生まれた子犬でも「神のみぞ知る」部分はありますので、
せっかく生まれても販売しない事もありますしね。

ちなみに、そういった子も大切な命ですので、ブリーダーさんの手元で大事にペットとして飼われたり、
親類縁者、ブリーダー仲間のツテ等でちゃんと幸せに暮らしていますのでご安心を。


それと、これは特にここ数年強くなった傾向なのですが、

ホームページに掲載する前に飼い主様が決まってしまうというケースです。

有り難い事に、全犬種あわせると、常に2~30名のお客様が「優先案内」にご登録いただいていますが、
今回のカニンヘンちゃんのような優れた子犬は、特にそういう傾向にあります。

だからといって、現在ホームページに掲載している子犬が「残り物」というわけじゃないんですけどね。
たまたまお待ちのお客様のお好みとかご予算とかに合わなかっただけで、どの子もこだわって選んでいます。


なので、多分、ホームページをずーっと眺めているより、「優先案内」にご登録いただいた方が良いと思います。

お待ちのお客様がいらっしゃれば、ブリーダーさんだってそれに合わせた交配もしてくれますし、
私も意識していた方が、情報もより集まってきます。


現に、今回のごんちゃんも、お待ちのお客様がいらっしゃらなければブリーダーさんの手元に残していた子ですから、情報として出てこなかったはずです。姉妹の女の子は非買ですから。


登録は無料なので、気に入った子犬が生れてこなければ、よそ様で買えばいい事ですしね。


「この子かわいいな~なんて迷っているうちに成約済になって残念!」

「出産予定を眺めて心待ちにしてたのに、ある日ふと見たら“完売”の表示になっててがっかりした・・・」


と、最近こういったお声をよく耳にします。

もう少し待っていただければ本当に良い子犬をご紹介できたのに、あせって「あらら・・」と思うような子犬を買ってしまわれる方もいらっしゃいますしね。
(嬉しいような、くやしいような事なのですが、時々他店で買った子犬の写真を送ってくる人がいるのです。気持ちは分かりますけどね。)



優先登録 これはおすすめですよ! 




ブランシアンはコチラ♪

【告知】四国インター

2013.04.08(Mon)

今年も春の祭典、四国インターナショナルドッグショーが開催されます!





今年は地元高松市での開催です。

四国のドッグショーでは最大のイベントで、
全国から約650頭もの優秀なショードッグが集まります。

これからわんこを飼いたいと思われる方!
「本物」を見ておくのも良い勉強になりますよ~

普段なかなかお目にかかれないプロ仕様のペットグッズなんかも販売していて、
露店をのぞくのもまた楽しかったりしますしね。


朝9時頃(もう少し早いかな?)から順次ブリード戦がはじまって、
午後からはそれに勝ち残った犬たちがラウンドします。
なので、たくさんのショードッグを見たい! と思われる方は、朝イチからの来場がおすすめです。


私も、急用と雨が降らなければ午前中はあちらこちら冷やかし回っていると思います。 


皆様のお越しをお待ちしております!




ブランシアンはコチラ♪


Life With Puppy 2013.3

2013.04.03(Wed)

さくら~♪

さくら~♪

今咲き誇る~♪ 





「春休みくらい孫を連れてこいっ!」

というじーじの電話に、親孝行な私は、家族で日帰りの帰省をしてきました。 オヤコウコウカ? 

じーじとばーばを伴って、桜の綺麗な姫路城見物です。
ちょうど20年に一度の「三ツ山大祭」が行われている事もあって、すごい人出でした。


009_20130403143747.jpg


お祭りの一環なのでしょうか、かわいらしい衣装を身に付けたお子さんも多かったですよ。


014_20130403143746.jpg


そして、桜の名所、世界遺産姫路城です。 


023_20130403143745.jpg


ちょうど天守閣は45年ぶりの大修理中で、すっぽりと素屋根で覆われています。

海外からの観光客には天守閣が見れなくて残念な事だと思いますが、
小さい頃からお城を見て育ってきた私には、むしろこの姿の方が貴重だったりするのです。

素屋根には展望台も設置され、工事の様子を間近に見ることができます。


033_20130403143823.jpg


修理中でもしっかり観光客を繋ぎ止める工夫が、なんともしたたかですね。 

鎧武者も徘徊していますし。


019_20130403143745.jpg


お堀を見上げると、忍者発見!

近くのカフェでは、歌って踊れるアイドル忍者も!!


035_20130403143822.jpg


踊りがとっても上手で見とれていたのですが、
気が付いたら、横で娘が白い目で見ているし・・・

なんとなく、変な誤解を受けているような・・・ 

思春期の娘を持つ父親は、ちょっとした言動にも気を付けねばならんのです。。 








さて、それでは今月のゴールデン! 皆様からのお便りをご紹介しますね。

今月は春らしいお写真が多かったです。
気候も良くなってきましたので、いろいろお出かけが楽しそうですね~ 



◆東京都の杏侑ちゃん 

image_unachuu124.jpg


ローリングストーンズとヒッピーです。 bero.jpg

セラピー犬の大先輩、名犬チロルの銅像の前でキメキメですね!
咲妃ちゃん(右)も巻いてる巻いてる・・・(爆)
横で泰地君がヒッピーっぽい表情でコンセプトを活かしてますね~~ 

別の意味でセラピーされました~ さすがです!



◆東京都のソラくん 

___20130403143747.jpg


いつも「ソラ子ちゃん」とからかっているので、
今回は「いい男に撮れました\(^o^)/」とのお言葉が添えられていました。 

やればできるじゃん! じゃなくて、
「ソラ子」ちゃんと呼んでしまいたいくらい優しげなお顔ですからね~
ユニセックスで楽しめるから得ですね!

胸張りも出て、毛も伸びてきて、ますますオトコマエになりました。 



◆長崎県のルーニーくん 

DSC_0942.jpg


やっぱり、この季節は桜ですよね~
かわいい桜の花と、かわいいわんこの表情がよく合うんですよね~

って、やらされ感満点の表情だし・・・  

ご実家に外泊されたそうですが、相変わらず誰にでも人懐っこくて、元気でやんちゃもして、皆さんに可愛がられたそうですよ。

やるねぇ~ る~ぅにぃ~ 



◆香川県のミッフィーちゃん 

DSC_0466.jpg


先月、ママさんが事故に遭われて・・・なんて書きましたが、
今回は、元気に「やっとミッフィー号がきました!」とのお便りです。

なんと車のナンバーはミッフィーちゃんの誕生日!!
ひらがなはミッフィーの「み」じゃなくて、ヨーキーの「よ」!

お友達から「親ばか~っ」って笑われそうですね~ プププ

もっとも、私はそういう親ばかは、ほほえましくて好きです。 



◆千葉県の ゆりあちゃん 

DP4991-2-0002_L~00


ゆりあちゃん、2歳の誕生日おめでとうございます! 

お誕生日の記念に、プロのカメラマンさんに撮影していただいたそうです。
「カメラ嫌いなので泣きそうな顔してます」との事なのですが、
いやいや、なかなか別嬪さんに撮れてますよ~ 雑誌の表紙みたいです!

桜もピンク、カラーもリードもリボンもピンク 

白のプードルって本当に映えますよね~ 



◆北海道のメルちゃん 

85_large.jpg


似顔絵第三弾!

去年は確かニットの帽子にマフラーという雪ん子バージョンだったと思いますが、
今回は少しお姉さんらしく「おすまし」さんですね!

メルちゃんもご満悦のこの笑顔! 

ヒート中は食欲がなかったり、グッタリしたり、突然スイッチが入ったりだったそうですが、
ちょうど良い季節にヒート明けなので、ぜひいろんな所にお出かけして楽しまれて下さい。 



◆神奈川県のハリーくん 

P1020595(1).jpg


去年はケツメイシを歌っていたハリーくん、 ワタシデシタ・・・  
今年は落ちてくる花びらにはしゃいだりせず、ちゃんとおとなしくポーズが取れたみたいです。

去年と同じようなアングルでしたので、成長の様子がよくわかりますね!
桜の季節に定点観測みたいに写真を撮るのも楽しいですね~ 



◆香川県のミモザちゃんとペルルちゃん 

mimo_pel.jpg


今回は2匹ともイメチェン!

ミモザちゃんは、ウィッグを着けたみたいなトリミングで、アニメキャラみたい。
ペルルちゃんは、顔バリからボンボンを付けたような丸顔に。

どちらもとってもキュートです~ 

トリミング次第でいろいろ楽しめますよね! 



◆香川県の ちっぷすくんと まろんくん 

IMG_0170.jpg


へぇーっ、もう鯉のぼりが出ているんですね~
菜の花畑の黄色がとっても映える素敵な写真です。

2匹ともちゃんとマテができるので、撮影の様子を見ていた人が感心されていたそう。
写真が小さいので分かりにくいですが、しっかりどや顔しているはずです。 

いつも落ち着きのない、うちのティーにも見習ってもらいたいものです。



◆東京都のアンジェちゃん 

image_20130403143915.jpg


あれっ?どこに行ったのだろう・・・
なんて思っていたらこんなところに! 

床暖がお気に入りみたいで、気が付けば定位置に。
しかし、器用にカーペットの下に潜り込みますよね~

アンジェちゃんももうすぐ生後3か月、
本当にかわいい盛りですからね~、ママさんは仕事に行きたくないそうです。
いやいや、その気持ち、よ~く分かります! 



◆兵庫県の ちょびちゃん  

20130310_143321.jpg


生後6か月を過ぎてますます元気なちょびちゃん、
相変わらず愛嬌を振りまいて人気者なんでしょうね~

ここひと月ほどでしょうか、元気だけど、食べた後に吐出する事が頻繁にあって、
しばらくいろいろとご相談させていただいていました。
獣医さんも「様子を見ましょう」みたいな感じでよく分からなかったのですが、
ようやく原因が分かりましたので、これからは心配なさそうですね。

体調も万全! 桜も咲いたことですし、ぜひたっぷり楽しまれて下さい! 



     



春は桜が咲いたりでウキウキなのですが、反面、恐怖の花粉症の時期でもあります。

私なんて、ハクション大魔王が「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン」と名台詞を吐くまえにクシャミの連続攻撃なので、魔王も忙しくてたまりません。

毎日甜茶を飲んだり、ひどい時には鼻炎の薬を飲んだりで何とか乗り切っていますが、
お問合わせのお電話があった時にツボにはまってしまうと大変です。 

いっそうの事、ハクション大魔王に頼んで、くしゃみを止めてもらいましょうか・・・

あっ、そうすると魔王はランプに帰れなくなりますね。


あっ、すみません。

同世代にしか分からないネタでした。。。 




ブランシアンはコチラ♪


PR

ブログ内検索

プロフィール

代表の原田です。 

Author:代表の原田です。 
マジカルわん!は「ブランシアン」に店名変更いたしました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
→ブランシアンはコチラ♪

おすすめ

ペット事業者の便利帳 子犬販売ブランシアン ブランシアン美食店

Facebook

Facebookページ開設しました! いいね!をクリックしてね!

FC2ブログランキング

更新のはげみにポチッとお願いします!

いらっしゃいませ!

月別アーカイブ

お問い合わせ

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おすすめ書籍

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!

新品価格
¥1,575から
(2012/10/18 09:49時点)

ペットの自然療法事典 ペーパーバック版 (GAIA BOOKS)

新品価格
¥3,990から
(2012/10/18 11:01時点)

PR

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。