ネットの情報って・・・

2015.06.12(Fri)

以前からすっごく気になっていて、時々お話しさせていただいてたのですが、
相変わらずひどいので、ちょっと書かせて下さい。

ネットの情報の信ぴょう性についてです。





私の方に寄せられるご相談の際に、結構みなさんがおっしゃる事に

「ネットで調べたんですけど」

「ネットに書いてたんですけど」

なんて事があります。

もちろん、中にはまともな事を書かれているものもありますので、すべては否定しませんよ。
でも、素人さんが付け焼刃で知り得た知識なんかを、さももっともらしく書いてるパターンが多くて、
さらに、そんな間違った知識を鵜呑みにされている人が本当に多いのです。


ネットの情報が正しいという思い込みで、可哀想な目に遭ってるわんこがどれほどいる事か・・・

しなくてもいい苦労をしている飼い主さんがどれほど多い事か・・・


ご相談を受けるたびに、本当に残念な気持ちになる事も多々あります。



そんな事を感じながら、ペット関連のニュース記事をなにげなく見ていると、
ちょっと「おいおい、待てよ!」という記事に遭遇しましたので、一例として紹介させていただきますね。

こちらの記事 → 動物が大好きなのに…!ペットが飼いたくても飼えない人へ、動物アレルギーの対策法


あるニュースサイトの記事なのですが、今現在4万件以上の「いいね」が付いています。

動物アレルギーの人もきちんと対策すればペットも飼えますよ みたいな内容と感じましたが、
ちょっと気になった点を抜粋しますね。


~ 以下、転載 ~

対策としては、犬のアレルゲンとして最も多い「フケ」対策として、週2回のシャンプーを習慣づけましょう。また、室内から屋外の飼育に変えたり、室内で飼育するとしても犬の生活空間と人の生活空間の線引きをすることも重要です。アレルゲンが付着しやすい布類やカーペットなどは犬のテリトリーに置かないようにします。最後に、こまめに掃除をし、換気することも基本の対策となります。

~ ここまで ~


少し犬の知識のある人からすると笑ってしまうような内容ですよね。

まず、週2回のシャンプーなんて有り得ません。
最近は無添加の自然派シャンプーも多く出回ってますが、それでもせいぜい10日~週1回までです。
それ以上多くすると、皮膚を保護する皮脂分まで奪ってしまい、いろんな皮膚トラブルの原因になります。
「フケ」対策になるどころか、皮膚が乾燥して余計にフケが出るなんて事にもなりかねないですよ。

次に、室内から屋外の飼育に変えるというくだり。
確かにひと昔前は外飼いの犬も多かったです。
でも、気象庁の統計にもありますように、ここ10年を見ても夏の平均気温は上昇しています。
特に都市部はヒートアイランドもあって、異常な暑さになっていますよね。

外飼いが当たり前だった頃とは環境が違うという事。
それと、最初から外飼いしている子ではなく、今まで室内で快適に過ごしていた子ですからね、
その負担は相当なものとなります。

室内で飼育するとしても犬の生活空間と人の生活空間の線引きをすることも重要です。
というくだりも、そんな飼い主さんと愛犬のコミニュケーションの取れない飼い方をしてまで犬を飼う必要性があるのか?と言いたいですね。
十分に愛情を注げない環境なら、犬は飼わないでください。と言いたくなります。(ちょっと暴言かもしれませんが・・・)


ヤ○ー知恵袋みたいなあきらかに素人さんが投稿しているサイトならともかく、
一般の読者が信用してしまいがちなニュースサイトの記事なのですから、もっときちんとした知識を持った人に書いていただきたいものです。



ちなみに、私はと言いますと、実はこの仕事をはじめてから動物アレルギーになりました・・・
なので、特にわんこがたくさんいるブリーダーさん宅なんかに行くと、アレルギーの薬は手放せません。
うちの娘は幼少の頃は動物アルギーがひどかったので、成長してかなりマシな状態になってはじめて今の愛犬を迎えました。
それでも、愛犬に我慢させるような飼い方は絶対にしません。


時々お客様から「アレルギーでも飼える犬種を紹介してほしい」というご相談もいただきます。
私だって商売ですから、売りたければ適当にトイプードルとかシュナウザーとかおすすめする事もできますよ。
でも、やはり一番最初にお聞きするのは、「かかりつけのお医者さんは何ておっしゃってますか?」です。

アレルギーにも人それぞれですから、まずはお医者さんの所見を聞かないと判断できません。
そのうえで、多少対策すれば大丈夫かな? と思われるお客様のみご紹介しています。
ちなみに対策といっても、まめに換気をするとか、頻繁に掃除するとか、その程度でなんとかなるレベルです。
飼い主さんも愛犬も不幸になるくらいなら、その場でお断りしますね。
だって、後で恨まれたくないですもん。


こういう事は、きちんとひとりひとりヒアリングした上で、判断しないといけない内容ですので、
そもそもそれを記事にする事自体無理がありますよね。




簡単に犬を売ってる業者もいますし、簡単に買う人もいます。

でも、アレルギーもそうですが、他にもそのご家庭の環境やご事情もありますので、
少しでも不安点があれば、それはきちんとご相談しながら販売しないといけないですし、
その子が天命をまっとうするまでご相談させていただきたいと思いながら販売するのが正しい姿勢だとも思っています。

もちろん、私以外にもきちんと対応してくれるショップさんはあるはずですので、
単純にネットの情報だけを鵜呑みにせず、必ず専門家の意見を聞いてご判断していただけるといいと思います。

きちんとしたショップさんで子犬を購入されたのでしたら、ちゃんと相談に乗っていただけると思いますので。


相談する人がいないですか?

良かれと思う事はずけずけ言ってしまうタチなのですが、
こんなおっさんでよろしければ、私までご相談くださいね。 



ブランシアンはコチラ♪

ブランシアン美食店はコチラ♪

PR

ブログ内検索

プロフィール

代表の原田です。 

Author:代表の原田です。 
マジカルわん!は「ブランシアン」に店名変更いたしました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
→ブランシアンはコチラ♪

おすすめ

ペット事業者の便利帳 子犬販売ブランシアン ブランシアン美食店

Facebook

Facebookページ開設しました! いいね!をクリックしてね!

FC2ブログランキング

更新のはげみにポチッとお願いします!

いらっしゃいませ!

月別アーカイブ

お問い合わせ

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おすすめ書籍

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!

新品価格
¥1,575から
(2012/10/18 09:49時点)

ペットの自然療法事典 ペーパーバック版 (GAIA BOOKS)

新品価格
¥3,990から
(2012/10/18 11:01時点)

PR

↑