フィラリア予防

2007.04.22(Sun)

この季節になると、フィラリア予防の質問がちらほらと出てきます。
私は獣医では無いので、専門的な事はお答えできませんが、概ね以下のようにお答えしています。

「蚊が出始めてから1ヵ月後ぐらいからでいいですよ」

でも、中には「もう蚊が飛んでいるのに、刺されたら大変でしょ!」と、蚊にさされる=フィラリアになると思われている方もいるようで、説明するのに苦労します。(そうであれば、すでに絶滅してます・・・)
また、獣医さんから「時期が来たらお知らせしますので」と、ろくな説明も受けずに不安になっている方もいるようです。

なので、ちょっとだけ説明します。

①蚊がフィラリア症の犬から血を吸います。
②フィラリアの子虫(ミクロフィラリア)が蚊の体内で、二週間かけて感染する子虫に成長します。
③ただし、平均気温が14℃以下では死んでしまいます。
④感染子虫を持った蚊が他の犬に刺し、感染。
⑤感染した子虫はさらに成長しながら2~3週間かけて肺や心臓へ到達。

フィラリア予防薬というのは、⑤の段階の子虫を殺す薬ですので、あまり早くから投与しても意味がありません。
また、あくまでも科学薬なので、特に仔犬については無用な薬は極力服用させない方が無難です。

ただ、地域によって時期も違いますし、今年は暖冬でしたので去年と同じとも限りません。
服用については、やはり獣医師さんと相談のうえ行って下さい。


ワンちゃんもそうですが、私も蚊は大嫌いです。刺されたあとをやたらいじくると腫れてきますし・・・。
やっぱり、爪でばってんをして、ムヒを大量に塗って、あとはひたすらガマン???


パピーワールド高松店はコチラ♪

関連記事

COMMENT

春ママ #-

そろそろそんな時期ですよね~!私も今月中か来月前半には3匹を春の健康診断という事で1匹ずつちまちま連れて行こうかな~と思っています^^
薬、もう少し後でいいかな?とも思っていましたが、確かに暖冬でしたもんね!!店長さんの書き込み見て「少し早めた方がいいかも!」って思いました。ありがとうございます^^

2007.04.26(Thu) 00:03 | URL | EDIT

原田 #QRa1zb76

春ママさん、こんにちは。

3匹もいると健康診断ひとつをとっても大変ですよね。
「このまえ咳をしていたのは春ちゃんだっけ? 秋ちゃん? わーっ茶々丸ーっ!」といった光景が目に浮かびます(そんなことはないか・・・)

病気予防といっても、フィラリアもあればワクチンも虫下しも・・・。本当に手間はかかりますが、それ以上に3匹ものダックスに囲まれて、楽しい事だらけでしょうね。うらやましい。v-411

2007.04.26(Thu) 08:35 | URL | EDIT

POST COMMENT


PR

ブログ内検索

プロフィール

代表の原田です。 

Author:代表の原田です。 
マジカルわん!は「ブランシアン」に店名変更いたしました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
→ブランシアンはコチラ♪

おすすめ

ペット事業者の便利帳 子犬販売ブランシアン ブランシアン美食店

Facebook

Facebookページ開設しました! いいね!をクリックしてね!

FC2ブログランキング

更新のはげみにポチッとお願いします!

いらっしゃいませ!

月別アーカイブ

お問い合わせ

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おすすめ書籍

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!

新品価格
¥1,575から
(2012/10/18 09:49時点)

ペットの自然療法事典 ペーパーバック版 (GAIA BOOKS)

新品価格
¥3,990から
(2012/10/18 11:01時点)

PR

↑