もっと獣医さんの説明を聞きましょう!

2011.12.18(Sun)

決して獣医さんを批判するわけではありませんが、
皆様に気をつけていただきたい事があります。


以前、こんな事がありました。


◆ある日お客様よりお電話がありました。

1回目のワクチンを生後60日前に接種後お迎え、
その後元気一杯で、何の不安もなく順調に育っている子犬です。

お迎え後1か月が経ち、2回目のワクチンを接種しに行った時の話しです。

「いちおう検便もしておきましょうという事でお願いしたら、
寄生虫がたくさんいるとの事で虫下しを処方され、ついでに
フィラリアの薬も処方されましたが、大丈夫でしょうか?」

意外とありがちなお話しですが、
私が疑問に思ったのは以下の点です。

・寄生虫がたくさんいるのに下痢などの症状がまったく出ていないのはなぜか?

・そんな状態ならワクチン接種は延期するはずでは?

・虫下しもフィラリア薬も「駆虫剤」です。同時服用の影響は無いのか?

さらにお聞きすると、普通は見せてくれる事の多い検便の際の顕微鏡映像を見せてもらっていない事、処方薬に対する説明が殆んどなされていない事など、ますます不審な点が出てきました。

そこで、お客様へは処方薬の名前を獣医さんに聞いて下さいとお願いしました。

返って来た答えは・・・

「念のため処方しただけですので、ご心配なら虫下しは与えなくていいですよ」

と・・・・


なんじゃそれっ・・・


結局、薬の名前もはぐらかされ、どっちでもいいような薬代を払ってしまっていたのでした。

よくよく考えると「本当に寄生虫がたくさんいたの?」と疑われてもおかしくない事例です。



◆こんな事もありました。

やはり寄生虫がいるという事で薬を飲んでいました。
もう大人になったわんこですし、私もそれほど心配はしていなかったのですが、
2週間たっても下痢がおさまらないどころか、昨日は嘔吐までしたとの事。

獣医さんも「寄生虫はとっくにいなくなっているのに・・・」

と首をかしげているらしいです。

虫下しの名前を聞いたらあるAという強めの薬でした。


もしかして・・・


虫下しAの副作用には、食欲不振、嘔吐、下痢、頭痛などが明記されています。
獣医さんに副作用の疑いがある事をお伝えいただき、通常の整腸剤に替えて頂いたところ回復しました。



最初の事例は極端かもしれませんが、意外とご相談が多く、先日も同じような事を聞いております。

「不必要な薬は出さない」という獣医さんがおられる一方、
このように「念のため・・・」と言いつつ、いろんな薬を処方される獣医さんもおられます。

私は専門家ではありませんので事の是非を判断する知識は持ち合わせていません。

でも、例えばの話しですが、
虫下しのドロンタールとフィラリア薬のカルメドッグには、いずれも「ピランテル」という薬効成分が含まれています。

仮にこの2つの薬を同時服用したら「ピランテル」に関しては過剰摂取になりますよね。

ちなみに、寄生虫が回虫ならカルメドッグだけで効果があります。
(誤解があるのですが、フィラリア薬はフィラリア以外にも薬効があるのです)

まぁ、薬の組み合わせについてはちゃんと考えて処方されているとは思いますが、
いろんな話しや経験から同じ目的の薬の同時服用はかなり慎重に考える必要があると思っています。


2番目の事例も案外あるのではないでしょうか?

ある病気が発症すると、ついその患部に意識が集中しがちなのですが、
実は違う部分に原因があったという事です。
薬の副作用なんて知られていないだけで、かなりあると思っています。
(だから必要以上に処方しない獣医さんが多数おられるのです)



以上をふまえて皆さんにお願いしたい事は、


・処方された薬の名前と用法、副作用などをしっかり確認する。

無理なら薬の名前だけでも聞いておいて下さい。後でネットで検索すれば詳細は分かりますので。
ちゃんと聞く事によって「じゃぁ、とりあえず薬は出さずに様子を見ましょう」なんて経験は私にもありますし、「嘔吐があったらご連絡下さい」なんて、説明を求めてはじめて言ってもらったというお客様もおられました。

・獣医さんにはできるだけ多くの情報を伝える。

症状が出る前に何か変わった事はなかったか、普段の様子はどうか、以前患った病気など。
よりたくさんの情報から総合的に判断してもらいましょう。

・疑問、不審に思ったことは必ず説明を求める。

いろいろ聞いたからといって獣医さんが気を悪くするなんて事はそれほどありません。
要は聞き方の問題で、普通に聞けばちゃんと説明してくれるはずです。
それでも納得がいかなければ他の動物病院に行かれても良いと思います。



もちろん尊敬できる獣医さんもたくさんおられるのですが、

あなたのわんこを一番理解してあげられるのは、獣医さんではなく飼い主であるあなたなのですから、ちゃんと守ってあげて下さいね! 



マジカルわん!はコチラ♪

関連記事

COMMENT

POST COMMENT


PR

ブログ内検索

プロフィール

代表の原田です。 

Author:代表の原田です。 
マジカルわん!は「ブランシアン」に店名変更いたしました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
→ブランシアンはコチラ♪

おすすめ

ペット事業者の便利帳 子犬販売ブランシアン ブランシアン美食店

Facebook

Facebookページ開設しました! いいね!をクリックしてね!

FC2ブログランキング

更新のはげみにポチッとお願いします!

いらっしゃいませ!

月別アーカイブ

お問い合わせ

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おすすめ書籍

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!

新品価格
¥1,575から
(2012/10/18 09:49時点)

ペットの自然療法事典 ペーパーバック版 (GAIA BOOKS)

新品価格
¥3,990から
(2012/10/18 11:01時点)

PR

↑