ペット業界、本当に大丈夫なの?

2013.04.18(Thu)


今回はがっちり文章にしますので、見づらいと思いますがご了承ください。


最近は、人様の悪口みたいになってしまいまうのも気が咎めますし、
「結局は自分のところで買ってほしいだけでしょう?」なんて勘ぐられても嫌なので、
あまりペット業界の批判みたいな事は書かないようにしていたのですが、

毎年4月~5月というのは一般的には需要期という事もあって、この時ばかりと目を覆いたくなるような事例が頻発しています。
その反動として、夏場にかけて多方面から飼い主さんが苦労されているという情報を耳にするのも毎年の事なので、ここは久しぶりに注意喚起をしておこうと思います。


最初に断わっておきますが、生まれてきた子犬はみんなかわいいですし、等しく幸せになってもらいたいと思っています。
一部、子犬の優劣についても書きますが、当然価格が付いてくるものですので、そこは「命」としてではなく、「かかわってきた人に対する評価や対価」で優劣を付ける事をお許しください。


Fotolia_32339206_XS_20130418121039.jpg




ここ最近、耳にし、目にしたおかしな事例


◆トイプードルが販売サイトでは別物に化けていた!

これは今に始まった事ではないですが、日を追うごとにエスカレートしている事例です。

あるブリーダーさんからお聞きした実体験ですが、
先日、とあるトイプードルを専門に扱っている業者より「子犬を譲ってほしい」という話があったそうです。

熱心に頼まれるので仕方なく1匹の子犬を十数万円で卸しました。
そして、ある日ふとその業者のサイトを見ると、販売価格が四十数万円・・・


断わっておきますが、その子犬は特に血統が優れているわけでもなく、特別小さくなるような子犬でもありません。
きちんとした交配はされていますが、それでもごくごく普通のトイプードルです。

ちなみに、うちで販売するとしたら、高くても20万円まででしょう。

ただ、価格については人件費や設備等、お店によっても経費が違うので、一概に「ぼったくり」と言うべきものではありません。
そこは、購入される皆様のご判断にお任せすべき事です。

でも、問題はその後なんです。


先にも書きましたが、ごくごく普通のトイプードルです。
両親だって大きさで言えば3kg程度ですし、この子も現状は小さめですが、おそらく両親と同程度になる事はきちんとその業者に伝えているとの事でした。

しかし、販売されている情報は、

・両親とも2kg以下での表示。

・タイニーサイズになるような表示。

・マズルが短い、目はまんまる・・など、絶対そうはならない事をアピールしている。

・極め付きは、目や鼻などを中心としたかわいく見せる為の過度の画像加工。

こういった事をノリノリの文章で紹介していたそうです。

もし、後々トラブルになったら、血統書に名前を載せているブリーダーさんにも良い影響は与えません。
ブリーダーさんは、もう二度とその業者とはかかわりたくないとおっしゃっていました。


確証がないので業者名は出しませんが、
こういう所は、クレームに対してもごまかすノウハウは持っていると思いますので泣き寝入りになるかもしれません。

人工的なかわいさがある写真を掲載している業者には、必ず実際に子犬を確認のうえ、しつこいくらいに情報は確認なさって下さい。

ぜひご注意いただきたいと思います。


しかし、トイプードルの世界は特別おかしな人が多いと思うのは私だけでしょうか?
昔からトイプードルを繁殖されているブリーダーさんは、みなさん呆れています・・・



◆今年は特に店頭価格が上昇、あるいは二極化の流れです。

これも聞いた話なので何とも言えませんが、複数お聞きしていますのでまず間違いないでしょう。

アベノミクス効果で消費マインドが上昇しているせいでしょうか、
ここのところ、子犬のセリ市場では子犬の落札価格が上昇しているそうです。

数か月前なら2、3万円の値も付かなかった子犬が10万円前後で落札されたりなんて話もあるそうで、
普段格安で販売しているあるペットショップさんは、落札価格が高すぎて手ぶらで帰ってきたとか。

また、どんな子犬でも値が付く状態なので、「これはまずいだろう」と思われる子犬も平気で取引されているそうです。


皆様もご存じのように、大手のペットショップや量販店、ホームセンターなどでは、セリ市場から仕入れている場合が多いので、当然ですが店頭価格にも反映されます。

お店にもよりますが、10万円の落札だったら、店頭価格は20~25万円にはなるでしょうか?

これも需要と供給のバランスなので仕方がないとは思いますが、
本来ならもっと低い価格(評価)をされている子犬が「需要期価格」で売られている事は頭の隅に入れておくべきだと思います。

ましてや、普段なら落札を躊躇する子犬まで出回っているらしいですからね。
ペットショップさんで買うなとは言いませんが、少し時期をずらした方が無難だと思います。


ちなみに、うちでは価格に時期的要因は反映していませんし、特にこの時期だけ張り切って販売する事もありませんので、念のため。



◆格安店では苦肉の策??

さて、さきほどは子犬価格が高騰しているという話しでしたが、今度は格差の話しです。

先日、ちょっと買物があったのである量販店さんへ立ち寄った時の事です。
あまり詳しく書くとお店が特定されるので、ぼかしぎみで書くことをお許しください。


普段から格安志向の顧客層を相手にしている量販店さんは、当然卸価格の高騰には手をつけられません。
で、どういう子犬を販売しているかというと、

生後3か月以上、中には1歳にもなった子犬を赤札で販売しているんですね。

ただ、これも別にとやかく言うべき事ではありません。
月齢の経った子犬でも、当然新しいご家庭で幸せになってもらいたいですし、昨今のような生後間もない赤ん坊を店頭に並べる業者の事を考えたら、むしろ褒められるべき販売方法とも言えます。

でもですね。

これもやっぱりやり方がまずい!

なぜって、みんなその月齢とは思えない小ささなんですよ。
ある大型犬なんて、生後3か月近くでチワワぐらいの大きさしかありませんでした。普通は柴犬サイズです。

他にも「生後2か月前かな?」なんて見ていると、すでに生後半年ぐらい経っている子犬だったり・・・

そして、どの子も痩せていて覇気が感じられませんでした。


これはどういう事なのでしょう?

いろんな裏情報から予想すると、おそらくいろんなペットショップさんで売れ残った子犬を格安で仕入れ、販売しているものと思われます。

だから、例えば生後6か月の子犬でしたら、早いうちから親犬と放され、以後、大事な社会化期や成長期をずっと狭いショーケースの中で過ごしていたという、実はとっても可哀想な子犬たちなのです。

当たり前ですが、そんな状態だと食も細くなりますし、運動だってロクに出来ませんから、筋力だって弱々しいものになりますよね。


「月齢は経っていますが、子犬みたいにちっちゃくてかわいいですよ~」

なんて売るのだと思いますが、小さい理由を考えると本当に涙が出てきます。


でですね、何もお客様層にケチを付けるわけではないのですが、
私の経験から言っても、格安で買った子犬は、それなりの飼い方しかされない傾向にあります。

こういう子犬は、体に負担にならないペースで、良質なドッグフードを与えて、獣医さんとも連携しながら徐々に本来あるべき姿に回復せさなければいけないので、手間もお金も相当かかってくるはずです。

「お安くてお買い得ですよ!」

なんて売り方をしていて、いざお客様が購入される時になって「しっかりお金と手間をかけて立派に育ててください」なんて言えないですよね。普通は。


だから、あえて言います。

「安く買った子犬ほど、たくさんお金をかけてあげて下さい!」

実際、かなりお金はかかると思いますので、そのあたりは覚悟されて、ぜひ可哀想な子犬を救ってあげて下さい。

もちろん、そんな商売が成立しないくらい、値引き交渉は必須ですけどね。




他にもまだまだ事例はありますが、私も書いていて途中で嫌になりましたので、このあたりで止めておきます。

もちろん、きちんとしたご商売をされている業者さんも多いんですよ。
前にも書きましたが、私の感覚だと、だいたい2割くらいの業者さんは悪い商売はしていないと思います。

そういう良い業者さんはオールウェルカムじゃなくて、ちゃんと子犬を見極めて、お客様だって選びながら商売をされていますので、おおよそが規模は小さく、あまり一般的には目に止まりにくい存在です。

だから良くない業者が目立ってしまうという事なのですが、
やっぱり、突き詰めていくと「儲け第一主義」になっているんですよね。

事業だから、利益を出さないと存続できないのは分かります。
でも、我々は「命」を扱うという非道な仕事をしているわけですから、せめて、商品である「子犬」の幸せだけは第一義に考えてあげないと、仕事に誇りは持てないと思います。

たくさん儲けたければ違う仕事をすればいいんです。

うちだってホント、毎月ピーピーなんですから。(涙)


また、そういう「命」を軽く扱う業者が儲かっているという現在の構造にも問題があるんです。

これから子犬を飼われる皆様が、ちゃんと知識を付けて、手間を惜しまず業者を選べば、必然的にそういう業者は淘汰されて、可哀想な子犬も減ってくるんですけどね。


そう考えると、こういう裏情報も少しは書いていかないといけないのかな、と思います。


同業者さんには、相当嫌われるでしょうが・・・


このブログをご覧になっている皆様にも不快な内容かもしれませんので、下の「拍手」が多かったらまた書こうと思います。 



ブランシアンはコチラ♪

関連記事

COMMENT

#-

そんなお話って本当にあるんですね・・・。

聞いてて切なくなりますね。

犬を一体なんだと思っているのでしょう・・・?

私も最近はショーケースのワンちゃんたちが可哀想で足が向かなくなりました。

特に、値引きシールが貼られている子の諦めたような悲しい目を見ていられないんです。

なので いつもココアのシーツやフードをさーっと買って
目を合わせないように 逃げるように お店を出てしまいます。

アベノミクスが子犬のセリ市場にまで影響しているだなんて始めて知りました。

ただ、「これはまずいだろう」クラスのワンちゃんを飼ってしまい 辛い思いをされている方のお話は
何度か聞いたことがあります。

変な業者が淘汰されて かわいそうなワンちゃんが少しでも減ってくれることを願ってやみません。

これからも 「同業者さんにあまり嫌われない」程度に(^^ゞ
「ウラ情報」お待ちしています。

ついでに40肩で腕が上がらなくなったら どうすればいいか?の特集もお待ちしています(暴)?!

笑い事ではありませんよ〜

ある日突然上がらなくなりますからね(T_T)(T_T)(T_T)。




2013.04.19(Fri) 09:07 | URL | EDIT

原田 #-

ココアママさん、こんにちは。

多分、同業者さんにはかなり嫌われていると思います。ひがみ、妬みの多い世界ですからね~(涙)

なんだか思いのほか「拍手」が多いので、夜道で刺されない程度にまた書こうと思います^^

40肩で腕が上がらなくなったら・・・

気合いだ、気合いだ、気合いだーーっ!(笑)

2013.04.19(Fri) 09:37 | URL | EDIT

雨月 #-

負けずに頑張ってください!

お久しぶりです、原田さん。
周りの圧力に屈せず、悪弊はどんどん剔抉してください(笑)。
飼い主も見極める目を持たなくてはならいし、結果的にはきちんとした業者が残っていくというのが、本来の在り様だと思っています。
日本で販売されているショーケース等での販売方法というのも、いい加減考え直してもらえないかと思いますが、飼い始める人の中には、デパートの品物と同様の感覚で購入する人もいまだに多いそうですし、そういった人にはおしゃれで、わかりやすい販売方法なのかもしれません…

お値段の話も出ていましたが、たまに血統がよくて、高いからいい犬と自慢する方もいますけど、購入時の値段なんて高い・安いは関係ないと思っています、というのも生涯にわたって係る経費に比べたら最初の出費なんて微々たるものではないでしょうか?
無論血統というのも大事な要素ではあるのですが、以前から書かれているように、以後の環境、社会化の形成の方が重要なファクターだと実感しています。
ですから、価格の話も家に迎えるまでのすべての要素を加味してというのが本来のあり方のように思えますが…(ブリーダさんのところで、親や人と一緒に育てられて大きくなったのと、売れ残って大きくなったというのでは雲泥の差になりますね)

そんな風に思っていたので、家に迎えるときも、半年経った子でしたが、そちらで色々とお聞きして飼い始めてホント正解でした。
現在、丈夫で聞分けもよく、およそボーダーらしかぬ破壊・問題行動も一切ありません。
後々のことを考えるなら、生後日数の少ない時点でのかわいいときというのは犠牲にしてもいいかと思いすね(笑)

横レスになりますケド~40・50肩ですが、正式には肩関節周囲炎といい、長いと2年くらいかかる場合もあります。
放置していても治る場合もありますが、ひどい場合は肩の可動範囲が非常に制限されてしまいますので、症状が出てからできるだけ早く治療をすれば、楽になります。
治療ですが、神経ブロック注射、物理療法・リハビリ等がありますが、人によってはその日のうちにも痛みが緩和されることも多いです。

また、放置して治った場合に、しばし肩の動きが制限されて以前のようには動かないといったこともありますので、そのような方の場合元の可動範囲の戻すのにリハビリで苦労する場合もあります。

どの病気やけがもそうですが、自己流で行うにはリスクがありますので、できるだけ専門機関にかかっていただきたいと思います。

2013.04.20(Sat) 20:06 | URL | EDIT

原田 #-

雨月さん、こんにちは。お久しぶりです。

たくさんの参考になるご意見ありがとうございました。

そうですよね。
「命」に対する値段なんてありませんので、必然的に、生まれてくる前からも含めて、どう子犬にかかわってきたのかだと思います。
おっしゃるように、「育てられて来た」のと「展示」あるいは「保管」されてきたのとは雲泥の差がありますものね。

もっともフォルテくんに関しては、雨月さんの育て方が良かったのもかなり大きいとは思いますが・・・^^

まだまだ課題だらけの業界ですので、私も少しずつでも同業者に影響できるよう頑張ります!


40・50肩の件もありがとうございます。
専門家のお話は、さすがに説得力がありますので、私が患った時には自己流などせず、雨月さんのところへ甘えに行きます! フォルテくんにも会いたいでいし^^

ココアママさんにもお伝えしておきます。

ありがとうございました♪

2013.04.20(Sat) 20:50 | URL | EDIT

POST COMMENT


PR

ブログ内検索

プロフィール

代表の原田です。 

Author:代表の原田です。 
マジカルわん!は「ブランシアン」に店名変更いたしました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
→ブランシアンはコチラ♪

おすすめ

ペット事業者の便利帳 子犬販売ブランシアン ブランシアン美食店

Facebook

Facebookページ開設しました! いいね!をクリックしてね!

FC2ブログランキング

更新のはげみにポチッとお願いします!

いらっしゃいませ!

月別アーカイブ

お問い合わせ

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おすすめ書籍

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!

新品価格
¥1,575から
(2012/10/18 09:49時点)

ペットの自然療法事典 ペーパーバック版 (GAIA BOOKS)

新品価格
¥3,990から
(2012/10/18 11:01時点)

PR

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。