にわかプロに流されないで!

2013.08.10(Sat)

ここ最近、ペット業界のプロと呼ばれる人たちの変な知識に翻弄されています。
もちろん、今に始まったことじゃないんですけどね。 


まず前提として、うちからご紹介する子犬たちは、心身ともに優秀な子たちと自負しています。
子犬はどんな子もかわいいとは思いますが、
反面、誤解を恐れずに言わせていただくと、

そんじょそこいらの量販店さんの子犬たちとはひとくくりにしてほしくない!

という自負もあります。

血筋からしても、ブリーダーさんの思いや育児環境にしても、まったく素性が違うというある種のうぬぼれや誇りは持っているつもりです。

もちろん、私が偉いわけじゃないんですけどね・・・ 

そんな事を少し頭の隅に置いていただいて、以下の事例を読み進めていただければと思います。




◆パピークラスの弊害

あるお客様のわんこがよく吠えるようになったとのご相談でした。
血筋からしても無駄吠えするとは思えなかったので、よくよく聞いてみると
何度かパピークラスに参加しているとの事。

そこで、ピンと来たのですが・・・

もしかして、そのクラスによく吠える子が何匹かいませんか?

教室の先生の「いろんな子犬とふれあって社会性を学びましょう!」という言葉に共感されてパピークラスに通ったはいいけど、逆に悪い事を覚えてしまったというパターンですね。

そのパーピークラスに行くのをやめていただいたら、ほどなくして無駄吠えが止まりましたというご報告をいただきました。

やれやれ・・・ 

確かに教室の先生の言われる事は間違いじゃないんです。
でも、集団生活を送ると良い影響もあれば、悪い影響もあるわけなんですよね。

悪い影響は極力排除するという配慮があったのでしょうか?
今回の事例で言うと、1匹1匹の特性をきちんと把握して、ちゃんとクラス分けすべきなんですね。

でも、実際にはサークル的なものが多いので、そこまで考えた教室は少ないように見受けられます。

で、その教室の先生が言った言葉・・・


「ダックスはよく吠えますからね。しょうがないですよ」


おいおい、いいかげんにしてくれ!
その先生に、ほとんど吠えないダックスを見せてやりたいと思いましたよ。

こういう状況なので、みなさん、パピークラスはちゃんとクラスメイトを選んで行きましょうね。 




◆しつけのDVDで頚椎損傷

「うちの子がどこか痛がってるみたいなのですが・・・」とのSOS
すぐに獣医さんに診ていただいたら、頚椎が少し損傷しているかもしれないとの事。
軽度なので痛み止めの注射を打って様子を見てみましょうとの診断でした。

当然、何があったんですか? という話しになるのですが、

お客様が少し言いにくそうに

「実はしつけのDVDにリードを強く引いてコントロールする手法があって、何度かやってみたのですが・・・」

という事でした。
聞けば、テレビにも出ている有名な訓練士さんのDVDらしく(私は業界内でそんな名前は聞いた事ないのですが・・・)、要するにアメとムチを使い分けて飼い主さんとの主従関係を明確にするのがその主旨らしいです。


結論を言いますが、

しつけはオーダーメイドなんです。   きっぱり! 

その子の性格や嗜好性、飼い主さんの好みや家庭環境など、当然1匹1匹違うわけですよね。
問題行動があったとしたら、まずその原因もあるわけです。
それらをしっかり把握したうえで、適切なしつけ方法を提示しないと効果が出ないものを
たかだかDVD1本でそれほどの効果が期待できるとは思えません。

ましてや、怪我までさせてしまったわけですから・・・

それと、うちからご紹介した子犬たちは、よほど間違った育て方をしない限り、訓練士さんなんて必要ありませんからね~っ 

現に、今回のわんこも何か問題があったという事もなかったそうです。

業者さんは商品を売りたいので秀逸な広告を入れます。思わず買わなければいけないような錯覚に陥ってしまうのですが、
よくよく考えると、DVD1本でしつけが出来るなら、訓練士さんはいりませんよね。

すべての教材が悪いとは言いませんが、それより私に電話1本いただいた方が何倍もマシというものですよ。 




◆獣医さんの言う事をすべて鵜呑みにされてませんか?

以前ブログで紹介したお客様以外にも同じような話がありました。

以下のケースは明らかに獣医さんの余計なお節介です。

ある獣医さんに「肥満気味なのでダイエットしましょうね」という事で、すすめられるまま指定のダイエットフードを与え続けていました。
少し体重が下がったのでダイエット食を止めようと相談すると、まだ太っていると・・・

さすがにおかしいと思って私にご相談をされたのですが、送っていただいた写真を見てびっくり!

肥満どころか、痩せすぎです! 

心なしか毛艶も悪そうなので、お客様へはあえてカロリーの高いパピー用のフードをおすすめしました。


最近はペットショップさんにも華奢な子犬が多いですからね。
そういうわんこたちを普段から見慣れている獣医さんは、感覚が少しズレているのかもしれません。

犬にはそれぞれ変な言い方ですが、犬種ごとの規格があるわけですね。
スレンダーな体型がベストな犬種もいれば、がっちり筋肉質な犬種もいるわけです。

ましてや、うちからご紹介する子犬のように骨も筋肉もしっかりしている子は、密度がある分、同じ大きさでも体重は重くなります。
○○kgという数値だけで判断されるとみんな太り気味という診断になってしまいますよ。

以前、あるブリーダーさんが「犬種標準書」の存在も知らない獣医さんがいらっしゃって呆れていましたが、
それが現実でもあるわけです。

おかしいと思ったら、早めにご相談くださいね! 

さすがに病気に関する知識で獣医さんに勝とうとは思いませんが、こと、うちからご紹介した子犬に関しては獣医さんより詳しい事も多々ありますからね。 



まぁ、他にも多々あるのですが、
最近はインターネットのQ&Aサイトなどを見ていても、知ったかぶりの素人さんが、さももっともらしく書き込んだりしているケースも目につきます。
また、子犬や飼い主さんのためと言うより、自分の儲けのためでしょう? と疑いたくなるような事を平気で親切ごかしに言う人も見受けられます。

これを言ってしまうと怒られるかもしれませんが、

ペット業界は本当にグレー!

というのが、この業界の内側で仕事をしている私の率直な感想です。

でも、普通にみなさんが「おかしいな?」と思うような事が大半ですから、
冷静に、一般的な常識で考えると、それほど困った事にはならないとも思います。

分かり易いのが、「犬だから特別ではなく、人間に置き換えたらどうなのか?」という観点で考えると判断しやすいですよね。

今回ご紹介した事例も「人間」に置き換えたら、おかしいと思うでしょう?


少々愚痴ってしまいましたが、ぜひぜひお気を付けいただければ嬉しいです。 



ブランシアンはコチラ♪

関連記事

COMMENT

POST COMMENT


PR

ブログ内検索

プロフィール

代表の原田です。 

Author:代表の原田です。 
マジカルわん!は「ブランシアン」に店名変更いたしました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
→ブランシアンはコチラ♪

おすすめ

ペット事業者の便利帳 子犬販売ブランシアン ブランシアン美食店

Facebook

Facebookページ開設しました! いいね!をクリックしてね!

FC2ブログランキング

更新のはげみにポチッとお願いします!

いらっしゃいませ!

月別アーカイブ

お問い合わせ

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おすすめ書籍

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!

新品価格
¥1,575から
(2012/10/18 09:49時点)

ペットの自然療法事典 ペーパーバック版 (GAIA BOOKS)

新品価格
¥3,990から
(2012/10/18 11:01時点)

PR

↑