極小ってお好きですか?

2007.07.14(Sat)

最近、仔犬の体重を気にされる方が多いです。
私の感覚としては、仔犬の発育状況を客観的に見るバロメーターとしてとらえているのですが、どうもそういう見方では無いようです。

「極小サイズ」という言葉があります。

確かに小さい子は可愛いと思いますし、世間で大人気なのも分かります。当店でも稀ですが、極小サイズの仔犬も扱っています。
でも、余程間違いのない仔犬しか扱いません。正直、怖いのです。

例えば、極小チワワなんていますよね。元々極小なのがチワワです。にもかかわらずそのまた極小なんて異常です。現に、低血糖で倒れたりなんていうのは当たり前、抵抗力も弱いので、通常生後2か月でお引き渡しする所を3か月様子を見たりします。

例えば、ティーカップというプードル。プードルの正式な種類にティーカップなんてありません。これもチワワと同様、健康に気を遣います。
稀にきちんとこだわって小さいサイズを作出するブリーダーさんはいますが、殆どは「高く売れるから」と、エサをセーブしたり、無理な交配をします。
余程こだわった方は別として、まともなブリーダーさんは「ティーカップなんて怖くて産ませない」と言います。

にもかかわらずこの極小人気、どうなんでしょう?
仔犬は元気なのが一番! と思うのですが・・・。

当店では、それでも極小がほしいという方には「普通の10倍はお世話が大変ですよ!」という事をまず納得してもらいます。そのうえで、極小の仔犬に愛情が持てるのなら、その子にとってもこのうえも無く幸せな事です。
実際に、まともな極小を作出しているブリーダーさんはお客様(飼い主さん)を選んでいます。その辺のペットショップでかわいいですよーなんて店員が売るべきものでは無いです。すごくデリケートなんです。

極小またはティーカップと呼ばれる仔犬を飼おうとされている方へ。
安易にかわいいからで選ぶと大変な事になります。仔犬の選び方や飼い方は十分な知識を持って飼ってあげて下さい。
それが嫌なら、何もペットは犬だけではありません。犬より小さな生き物はいくらでもいます。

もっとも、飼い主さんが悪いのでは無く、「高く売れるから無茶しても作る」というモラルの無い業者達に原因がある事は間違いありません。

いつも思う事ですが、私たちペット業者は本来「命を売って収入を得ている」という非常識な商売をしているわけです。だからこそ命に対しての認識をしっかり持っておかないと仕事に対する誇りは持てません。

私は魑魅魍魎にはなりたくありません。いつまでも誇りを持って仕事をしたいものです。

と・・・    また敵を作ってしまいました・・・


パピーワールド高松店はコチラ♪

関連記事

COMMENT

POST COMMENT


PR

ブログ内検索

プロフィール

代表の原田です。 

Author:代表の原田です。 
マジカルわん!は「ブランシアン」に店名変更いたしました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
→ブランシアンはコチラ♪

おすすめ

ペット事業者の便利帳 子犬販売ブランシアン ブランシアン美食店

Facebook

Facebookページ開設しました! いいね!をクリックしてね!

FC2ブログランキング

更新のはげみにポチッとお願いします!

いらっしゃいませ!

月別アーカイブ

お問い合わせ

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

おすすめ書籍

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!

新品価格
¥1,575から
(2012/10/18 09:49時点)

ペットの自然療法事典 ペーパーバック版 (GAIA BOOKS)

新品価格
¥3,990から
(2012/10/18 11:01時点)

PR

↑